新着Pick
160Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
大学教育を充実させる方法は、教授たちの地位の過保護を廃止することです。
司法試験問題漏えいにも見られるように、今の大学の教授は双六のアガリに入ってしまって慢心して研究・教育に熱の入らない人が多すぎます。
任期を区切って学生からの評価も加味する予備校方式を採用する必要があるでしょう。
もちろん、予備校とは違うので「人気だけ」を指標にするのは適切ではありませんが、現状はあまりにも無競争。
教える側を変えれば教育効果が大きく変わるのは目に見えています。
教育の効果を客観的に測定すべきという意味で、「学生の能力を大学が4~6年かけてどこまで伸ばしたかの可視化もこれから進むだろう。その「伸び」に投資するのがまさに大学教育。」というのはその通り。
只、ここでは書けないのかも知れないが、大学には「人脈の構築」という重要な役割がある。そのためだけに高い授業料を払って大学に進学する者も多いのではないか?特に、世界の超一流と言われるビジネススクールなどでは、こうした傾向が強い。
教育効果が高い大学だから良い人材が集まって、そこで良い人脈ができるという「ニワトリとタマゴ」的な関係ではあるが、大学の経営する側からすれば、この重要ポイントは見落とせない。
大学院重点化構想の事実上の失敗を認めた上で、大学改革をよろしくお願いします。

大学の先生方のペーパーワークが多すぎます。まずできる改革点。ここに書かれているものの一部も、そうした異様におおいペーパーワークもこなしつつやっています。ペーパーワークが簡素化されれば、本当の研究成果や社会還元がより一層出てくると思います。制度がそういう先生を生み出したよりも、先生方個々人の能力や努力に依存しすぎています。理系の先生はよくわかりませんが、社会科学・人文系の知り合いの先生方からはいつも悲鳴が聞こえてきます。この能力を他に活かした方が絶対に良い。

ちなみに、私は母校を激烈にイチオシ。LOVE TUFS.

そもそも、伸ばしてもらうという考え方でなく、伸びたい、楽しくやりたい、という意識を子供の頃から感じておくことが重要かと。
この春に大学に転職して一番慣れないのが、大学というところは、カリキュラムポリシーやディプロマポリシーについてはもちろん外部からの評価を受けるものの、個々の授業のレベルや質について誰もチェックしていないという点でした。大学という巨大モールに教員という個人テナントが入ってそれぞれに店を出している感じ。シラバスの内容や評価基準について同僚と議論することもなく、授業評価は学生アンケートに頼るのみ。
僕の周りの東大か慶応SFC出身の人は頭の回転速い
このモノサシが良いかは専門じゃないので分からないが今まで数値化されていなかったものを数値化する意義は大きい。
個人的には一般教養の懐の広さを数値化してほしいですね。
結局、この手の大学の採点とかランキングとかって大学を人生における何と位置付けるかで大きく変わりますよね。企業に入った際に即戦力になる教育なのか、研究者に向けての準備期間なのか、将来のための人脈作りなのか、受験戦争を終えた学生への休憩時間なのか。私は典型的な一番最後の人間でしたが
日本は何でも単純に偏差値とか直線的なランキングで並べちゃうから、学生も大学側も大学に何のために通うのか混乱してる気がしますね。
もっとも基本的な大学研究資金インフラである科研費の採択状況を大学・大学院選びに活用する着想はおもしろい。論文より前向きだし、とくに大学院なら学位論文研究のテーマ選定や研究の実施環境の質にも直結する。大学のみならず研究科・専攻レベルでの評価の底上げ効果も期待できるだろう。
なお科研費はDB化され一般からも閲覧検索できます。https://kaken.nii.ac.jp
高校を出たら、更に大学で座学で学ぶという流れ自体がおかしいのかも。社会の変化を肌で感じ、こんなことを学んだら社会に役立つかもという機会を一時的にでも感じる機会が必要では?

求められる能力が知識から、判断などのメタ能力にシフトするということは、実生活の中でのリアルな問題意識こそが重要では?
教育の質で大学を選ぶ生徒(並びに保護者)が、特に文系ではどれだけいるでしょう。
就職において偏差値が大きなメルクマールになっているという紛れもない事実がある以上、偏差値重視で選択するのは致し方ないのでは。法曹の世界でも、どこの大学(今はロースクール)を出たかで、大きく就職が違います。特定の大学卒しか取らない事務所も少なくありません。
そして、今、多くの大学が力を入れているのは、教育の質ではなく、就活のサポート。
ただ、採用側としては、学歴はわかりやすい指標。少なくとも、基礎学力、受験を乗り越えるだけの忍耐力、精神力があることが推認されますから。
大学での能力向上が「見える化」されれば、少しは改善が期待できるかとも思いますが、何でも数値化できるのかというと、そこもまた疑問で、結局、社会構造まで変えなければ、大学も変わっていけないと思います。