sakaki_600

サムライインキュベート 榊原健太郎CEOインタビュー(前編)

世界の潮流が「シリコンバレー」から「イスラエル」に移る7つの理由

2015/10/8
日本の若きインキュベーター、榊原健太郎氏。現在出資しているスタートアップは100社ほどに上る。その彼がイスラエルに移住して1年半が経った。「イスラエルはスタートアップの中心地になる」とは彼の持論。日本や日本人の枠にとらわれない行動と発想は、日本の経済界からも注目を浴びるようになってきた。榊原氏はイスラエルから何を学び、何を発信して、何を仕掛けていくのか。帰国中の榊原氏に聞いた(聞き手・構成:上野直彦)

なぜ「イスラエル」へ引っ越したのか

去る9月6日から12日、イスラエルで大規模なスタートアップのイベント「DLD テルアビブ」が開催された。世界中のベンチャー起業やスタートアップの関係者がテルアビブを訪問、2万人以上が参加したといわれ、同市のイベントでは過去最大の盛り上がりをみせた。

そこで存在感を見せていたのが、日本の若きインキュベーター(起業を支援する事業家)の榊原健太郎氏だ。2008年にサムライインキュベートを創業。起業家の集まりで拡声器を握りしめ、熱のある言葉を放っている姿が多くのメディアで取り上げられたことから、憶えている人も多いだろう。

その榊原氏は、昨年からイスラエルに活動の拠点を移した。なぜ、イスラエルなのか。なぜ、イスラエルがこれから熱いのか。

「グーグルやフェイスブックを日本から生み出す!」が起業の動機

──榊原さんがサムライインキュベートを創業したのが2008年、32歳のときです。きっかけを教えてください。

榊原:ベンチャー企業は、良いサービスをたくさん持っているのですがマネタイズができない。以前、勤めていたアクシブドットコム(現・VOYAGE GROUP)で担当していた自社商品の収益を最大化する営業本部長ような、スタートアップの営業本部長代行をやろうと思ってつくったのがサムライインキュベートです。現在は約100社に出資して、各社の社外取締役を担っています。

──初めはどういった社内環境だったのですか。

最初は僕の家、世田谷の桜新町です。ボロいアパートでしたよ(笑)。それから練馬へ引っ越し。そして現在はイスラエルのテルアビブです。年齢も40歳になりました。

榊原健太郎(さかきばら・けんたろう) サムライインキュベートCEO 1974年愛知県名古屋市生まれ。関西大学社会学部卒業。97年、日本光電工業株式会社 入社。2000年アクシブドットコム(現VOYAGE GROUP)入社。01年株式会社インピリック電通(現電通ワンダーマン) 入社。02年アクシブドットコム(現VOYAGE GROUP)復帰。07年 グロービス経営大学院経営研究科入学。08 年株式会社サムライインキュベート設立。主に事業を立ち上げて数カ月以内の、スタートアップといわれるベンチャー起業を包括的に支援する。

榊原健太郎(さかきばら・けんたろう)
サムライインキュベートCEO
1974年愛知県名古屋市生まれ。関西大学社会学部卒業。1997年、日本光電工業入社。2000年、アクシブドットコム(現VOYAGE GROUP)入社。2001年、インピリック電通(現電通ワンダーマン)入社。2002年、アクシブドットコムに復帰。2007年、グロービス経営大学院経営研究科入学。2008年、サムライインキュベートを設立。主に事業を立ち上げて数カ月以内のスタートアップといわれるベンチャー起業を包括的に支援する

──なぜ、イスラエルなのですか。

シンプルに言うと、世界のIT企業で大成功している創業者のほとんどがユダヤ人かユダヤ系なんです。イスラエルは人口約800万人、面積は四国ぐらいですが、流れは確実に「シリコンバレー」から「イスラエル」へ移っていると感じています。