新着Pick
146Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
ここが出来るようになると更に大きく変わり人間の余暇時間が飛躍的に増える
ロボットの進化って、人間の子供の進化とは実はステップが全然違うから面白いですよね。安定して空中に浮かんでたり、チェスで世界チャンピオンに勝ったりはできるのに、歩いたりモノの構造に合わせて判断してはめるとか、人間の基本的な動作が意外に技術的には超難しかったり。
だからこそ、興味深いし楽しみな分野であるわけですが。、
ロボットに作業させるには、ある日突然ソフトを変えればその日から作業ができると思いがちですが、実は作業ティーチングが大変に時間がかかるので人間の方が柔軟だそうです
人間がアームを動かして直接ティーチングする方法が注目されていますが、
どちらにせよ、こういったロボットを一般が使うにはどうはやく正確に簡単にティーチングするのかがカギなのかなと思いました
ディープラーニングとロボットの組み合わせでどこまでいくかに期待している。ただ、パラメータ合わせの際に、試行回数が多すぎてロボットや指導者が壊れるのが問題になりそう。研究としては面白い課題だと思う。
イケアの椅子を組み立てるのは、ロボットにとってとても難しい作業とのこと。これが一大プロジェクトになっているということにびっくりしました。木タボを打ち込むところを動画でも紹介しています。
確かに、人によっても、得意不得意ありますね。(家に持ち帰ったところ、玄関で夫婦げんか勃発、という話を何度か人から聞いたことがあります。)
ロボットは、少子高齢化社会においては、若年労働力や移民労働力に代わりになり得る。
高齢者福祉にロボットが労働力代替で活用できるようになれば、医療介護財政はその分だけ好転するだろう。
とは言え、これは諸刃の剣。ロボットが人間の雇用を奪う領域が広がる。
現に、機械化やコンピューター化(今は死語かな)は、人間の雇用を大量に奪ってきている。
ロボットとは、新しい話ではなく、こうした今までの機械化・コンピューター化の延長線上にあると思う。
便利になるということは、人間の雇用を奪うこと。人間の手や頭が、機械とコンピューターに代わることなのだから。
なーんて言っときながら、私はロボット推進論者。少なくとも、介護・医療など高齢者ケアには、導入可能な部分には極力ロボット導入を強く推したい。
ぎこちないな〜。でも、大きな一歩。
イケア(IKEA International Group)は、スウェーデンの発祥でヨーロッパ・北米・アジア・オセアニアなど世界各地に出店している世界最大の家具量販店。世界的にブランドが浸透していて、家具にはそれぞれスウェーデン語の名前がついている事が特徴である。郊外に「イケアストア」と呼ばれる大規模な店舗を構える方法で展開している。ロシア進出の際にはドキュメンタリー映画が撮影された。 ウィキペディア