新着Pick
655Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
儲けがないと、クリエイティブに没頭できない。でも、クリエイティブに没頭してると、儲けのことが疎かになる。そのジレンマを率直に相談。ちょっとした言葉の違いだけど、糸井さんと僕には大きな差があることに気づかされる会話だった。
クリエイティブをジャーナリズムに置き換えても、当てはまる話ですね。「ジャーナリズム=社会に意義がある=赤字でもいい」では永続性がありませんので、いかに赤字にならずにジャーナリズムを育成・強化していくか。その知恵と実行力が問われていますね。
CFOでございます。クリエイティブと儲けのジレンマは、1)動機の深さ、2)時間軸、3)ポートフォリオの3つの観点の組み合わせで、整合性を取ってます。

1)動機の深さ。本人、お客さま、関係者がどれだけ面白がってるか。多面的に考え、感じてるか。本気か。これは、「儲け」への道の前提条件です。この連載の始めの2回でたっぷり語られていますね。

2)時間軸。一発で儲けようとするクリエイティブもあれば、長い時間軸を取るものもある。「その企画は、転がるか」と糸井に問われます。

3)ポートフォリオ。ある期間を取った時に、儲けている企画とトントンの企画のバランスが取れてるか。「お金」を稼ぐことと「信用」を稼ぐことのバランスが取れてるか。「信用」は、次の売上、コストダウン、BSの軽さをもたらします。

ジレンマは、強みのもと。
今回も素晴らしい対談!ビジネスパーソンに絶対にみて欲しい。こういうクリエーション系をビジネスにする場合、リスクの取り方がとても重要。

糸井さんが言っている「赤字にはなるな」は社内でもよく言っていて、逆に言うと「赤字にはなってないビジネス」をいくつ持ってるかが大事なんです。

社会的に意味があるけど、ビジネスとしてヒットするかはわからない。でも赤字じゃないってものがたくさんポートフォリオとしてあると、一つは当たったりする。それで会社は強くなります。

赤字じゃなきゃいいよ!ってメッセージは経営者じゃないと発せないんですけどね。
遊びの本気と 儲けの本気 この両立がジレンマでもあるし、妙味でもある。
でも順番はこの順番。下記の言葉にすごく共感
「誰が言った、そんなこと。本当は儲かったほうがいいんだよ。そうじゃなきゃ、俺たちこの遊びが続けられないだろ?」っていうのが理念です。
だから、「赤字にはするな」はけっこう、初期の頃は言いました。

あと、企画がいい感じでまとまってきて「やろう」ってなったタイミングで、「それ、タダでできないか?」って言ってましたね。おカネを使ってだったら誰だってできるんです。そのときに、「なんとかそれ、タダでできないかな」って言うと、みんながぼくの顔を見て、「えー?」って。「でも、できるかもねえ」って、「俺ならこうするな」って。ぼくはそこでまた考えなきゃいけないんだけど、みんなが「面白いことをやれるんだ」ってわかりますよね。

そうやってちょっとずつぼくの考えていること、遺伝子を移していく」
クリエイターの現場感が伝わってきます。私は依頼する側ですが、先に予算とか枠組みを固めすぎると提案のカドがなくなってしまって、面白くなくなる。ただ最低限のルールを置かないと、突き抜けすぎて採用できるものでなくなってしまうことも。上手くいく場合は、方向性の軸を共有した上で、あとは自由に描いてもらった時。そこのバランスをつくるヒントがもらえた気がします。
これは全てのクレイエイター集団が悩むテーマ。やはりクリエーションを追求する企業は、上場には向かないですね。
面白い対談!
自分が運営に関わっている媒体でもイベントをするので、とても参考になります。
人を集められる力と、そこにワクワクがあるのって大事。
そうそう、お客様のために!とやっていると、お金はどこだ?ってなっちゃう。
でも、まあ面白いから、ちょっと手弁当で、、、となる。
そこで、出来上がる面白い仲間ネットワークは、大きなプロジェクトでのパートナーになるから、まあいいけどね。

でも、「次これが来るよ!」という予言が当たるって痺れるね。社会を動かしている感じがあって。
この会話のどこにも株主とか出資者のためにリターンを上げるとか、そういうのが何にもないのに違和感あるね。自分の資金だけでやってるなら別にいいけど、投資家募って事業やってるのなら、それがないとダメだよ。社長の仕事は給料を払うことじゃなくて、株主のために価値を実現し続けていくための体制を構築していくことです。「赤字でなきゃいいよ」なんて資本コストの概念を全く理解していないだけですね。