新着Pick
185Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
IoTブームで、こんなデバイス使ったらこんなのできちゃうんですよ、ドーン、みたいなサービス企画・研究開発じゃ流行らせるの案外難しいよって話。
三位一体は全く同感です。日本において陥り易い罠は、「新技術」はきちんと入っているけれども、実証実験がベンダー主導で「価値」が置いてけぼりになっていたり、あるいはそれが既存ベンダーに破壊的なものである場合は実証が進まない、というものでしょうか。総務省が大々的に行ったu-Japan戦略について、先日、この視点で振り返りをやりました。

「社会からの受容」については、解り易いところでは「規制」がありますが、個人情報の取り扱いや、最近の欧米におけるAIについての警戒感など、3つの要素の中で最も複雑です。
必要は発明の母、とはよく言ったなあと改めて思う。UBERは日本では絶対に生まれなかったサービス。そもそも日本のタクシーはサービスがちゃんとしてる。
インターネットのメディアがアメリカで先行したのも、そもそも広告の観点から言うと、テレビが全国民にリーチしない、という根本の不満があった。オムニチャネルマーケティングやECもそもそも小売店が家から遠い、コンビニやドラッグストアなどの品揃えが悪い、という不満から。今後も便利な日本からは革新的なサービスは生まれにくいのは変わらない。
国土交通省が鍵。従来の建設省、運輸省(警察も含め)、気象庁といった縦割りをなくし、さらに総務省や経産省も含め、ビッグデータを、共有して、国民や企業に提供できるかが鍵。もっというと、本当は省庁も再再編し、プロジェクト毎に、数年毎に組織を再編すればいい。

省の中も縦割りが限界になっているのに、そこに新しい対応の課をつくるから予算が増える。

企業の組織も、ほんとうは3年おきに、ダイナミックに再編すべし、ある時は遠心力、ある時は求心力。
uberもairbnbもテクノロジー主導ではなく価値主導のイノベーション。人と人をインターネットを使ってどうつなげていくのか?がサービスの根底にある気がします。
IoTは今、モノのインターネットへの繋がり方の標準化を進めてる段階です。新しい技術よりも、レガシーなものを磨く要素技術の方に着目するべきですね。
著者も仰っている通り、いろいろ難しいのだろう。シンプルに考えば良い。
《テクノロジー》IoTによって何がもたらされるのか? この部分がまだミステリアス。色々出来そうだが、それって実質的に何も言ってないに等しい。