新着Pick
231Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
大学教員をやってきた年数の半分以上、就職・キャリア教育・インターンシップに関連した委員を担当してきました。それで、インターンシップは、学生がどこまで本気で準備して働いてくれるかが大切だから、企業がどこまで本気の学生を受け入れるかが試される。とはいえ、本当に優秀で、きちんと働いて、現場での評判が良かった学生がいたとすると、たいてい、その学生はその企業には就職しない。企業側からすると、本気で採用しようと思った学生には逃げられ、学生側からしても、本気で就職したいと思った企業にはなかなか入れない。それでもなお、お互いに相手の本気を信じてプログラムを組んでこそ、インターンシップは成功する。これを大学などがきちんとわかってマネジメントできなければ、話にならない。勘違いした教員や企業人がインターンシップのプログラムを混乱させるのを、何度となく目にしてきました。皮肉なことですが、そもそも、インターンシップのプログラムを調整する役割を担う人材を育成するのに、インターンシップ・プログラムが必要なのかもしれません。
画一的かつ直線的な新卒採用という習慣は、変化の速いこの時代に即していないと思う。一時、「欧米名門大学生と比べて、日本の大学生なんてどうせ…」と、否定的に見ていたのだが、急成長を遂げる元気なインターネット会社で活躍する若者たちの何人かが、大学生インターンだと後で知って、正直、日本の底力を感じた。日本における閉塞感の原因の一つが、多様性と流動性を欠いた労働市場にあると思うので、学生が貴重な経験を得られるインターン制度は、もっともっと拡大していくべきだと思う。
会社見学レベルのインターンシップが横行する中、InfrAは少なくとも中国やアメリカで当たり前の長期インターン(まさに同棲型)。この傾向はよいと思う。
こうしたインターンシップの広がりは歓迎したいですが、短期と中長期では、その意味合いが大分異なると思います。一週間程度の短期は職場体験と名称を変えて、ある程度「インターンシップ」という言葉の範囲を定義していく時期にあるのではないでしょうか。
地方の中小企業は、経営革新の必要性を感じながらも、それに資する人材確保に苦慮している。一方、学生は地方に魅力ある仕事がないという潜在意識が高いことから、ミスマッチが生じている。
インターンシップ制度はそのミスマッチ解消に極めて有効であり、むしろ仕事を体験するよりも、地方企業の経営理念や課題について、経営者が腹を割って直接話す機会が持てれば、学生は自身の活躍の場を認識し、地方企業へ目を向けることにつながる。
地方の中小企業の底上げは地方創生のマストな課題であり、インターンシップ制度は、概念の変更とともに拡大させていくべき。
今や短期のインターン、海外留学はやっていて当然のようなものになっている。就活でESに書けるかどうかというレベルでやっているようでは評価に値しなくなってきている。このサービスが広がっていくことは学生、企業側両方にメリットが大きいと思う。
インターンを複数社経験した身としては、とても興味深いサービスと感じます。インターンは、長期的に実務携わることができると、学びが大きいと感じているので、そのような形態が増えてくれたら、と思います。
学生側にとってはフィードバックはその後の就活にも役立つだろうし、企業とのミスマッチもなくなるので、ハッピーな仕組み。
ただ利用する企業側にとってみれば、非常に負担が増す。
ただでさえ、インターンの受け入れには相応のコスト、人手がかかる。インターン向けの特別なプログラムを用意している社は対応する社員を張り付かせているし、戦力として考えている社にとっては1週間程度で変わられるのは痛い。
どの企業もいい人材を取るために採用コストは膨らんでいるが、コストや人手をかけられない企業がますます採用で不利にならないかが心配。
スタートアップと大企業で採用の成功ポイントが変わってきてる。だから、サービスも大量求人掲載型と人材見定め型で2極化してる気がする。
受け入れ企業の質が問われるところです。インターンシップを希望する学生はとても増えていて、とてもいい流れだと思う一方で、「安価な労働力」程度に捉えている企業も散見される。
フィードバックというのはとても良いサービスなので、スキル面だけでなく定性的な部分もきちんとフィードバック・教育を行っていければ、もっと底上げが図れる。
中部鋼鈑株式会社(ちゅうぶこうはん、英文社名 Chubu Steel Plate Co., Ltd.)は、愛知県名古屋市中川区小碓通に本社を置く電気炉メーカー。主に厚鋼板の製造を行っている。日本で唯一、厚鋼板製造を専業としている電気炉メーカーである。名古屋証券取引所第一部単独上場銘柄のひとつである(証券コードは5461)。 ウィキペディア
時価総額
210 億円

業績