新着Pick
115Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
保育所を必要としているのは、働く母親だけではない。短時間でも子どもを預けてリフレッシュできれば、心の余裕をもって子どもと向き合うことができる。
素晴らしい制度だと思います。
ベビーシッターが定着していない日本では、夫婦いずれかの親などに頼むしかありませんでした。
気遣いしてしまいますし双方の親が近くにいないケースも多いので、是非とも必要なサービスだと思います。
育児ノイローゼの防止になり、ひいては子どもの健全な生育にもつながります。
子育て中の親はいろいろ忙しいので、買い物も銀行や郵便局の窓口に行く時間が合わない。21世紀なのに未だに対面が主体のサービスも多いので、一時保育の需要は大きい。
フローレンスは利用会員さん宅での一時保育も行っています。親の通院等、ちょっとしたことで保育の手が必要になることは多々ありますので、とても好評です。
人口3万6千人規模の釜石市でも一時保育のニーズは高い。行政サービスとして一時保育施設を運営している自治体も多いが「利用しにくい」と言う声がたしかに存在する。

例えば、本記事で紹介されている認められる利用目的として、
・勤務や職業訓練、就学などで家庭での育児が困難なとき
・保護者の傷病、災害、事故、出産、介護、看護、冠婚葬祭など社会的にやむをえないとき
・保護者の育児に伴う心理的、肉体的負担を解消するなど私的な理由によって一時的に保育が必要となるとき
という表現がされていて、これを行政文書に馴染みのない人が見れば「のっぴきならない状況でしか使えないのか…」と落胆するケースも多いと思う。

こういう予算0円でも始められるコミュニケーション改善はすぐにやるべき。
リーズナブルに見えて、使うと塵が積もって…という感じになりそうですね。周りにいるワーキングマザーの方々は、本当大変そうで、もっと多くの施設や情報が整備されないかな、と思います…。