新着Pick
369Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
利益が上がらないため十分なバイト料が支払えない構造というのは厳しいですね。
もっとも、都内に住んでいるとあちらこちらにコンビニがあるので、競争激化が利益の低下につながっているように感じるのですが・・・。
場所によっては淘汰が進むように思えます。
都心のコンビニ店員は外人だらけ
(リクルートジョブズ調査)
三大都市圏アルバイト募集時給(15年8月)

全職種 969円 前年比+1.3%
コールセンター 1,193円 前年比+7.9%
介護スタッフ 1,007円 前年比+3.2%
警備員 963円 前年比+1.6%
ファーストフード 919円 前年比+1.7%
コンビニ 884円 前年比+0.6%

コンビニが最も低賃金かつ伸び率も低い。
需給で時給が決まってるのなら、コンビニバイトが最も需給バランスが緩い。つまり、募集に対して応募が多いということになる。

経営が苦しくてアルバイトを雇えないという指摘は一理ある。これに対して、ローソンでは自動補充システムで省力化を始めたところだが、セブンは逆にオムニチャネル戦略として、タブレットを使ったネット販売の接客人員を確保しようとしている。
小売で唯一好調なコンビニで賃金を上げられず人が集まらないというのは、日本社会の構造的な問題を示している。
移民受け入れで労働力を確保するにせよ、低賃金の単純作業は労働者からの搾取なので変えていくべき。将来的にはロボットや自動決済システムなどで代替すべきでしょう。
コンビニの中でも日販が高いセブンイレブンのオーナーまだ時給を引き上げる余地があります。ローソン以下のコンビニはあと数%時給を上げる余裕はほとんどありません(当然店舗によりますが)。結局オーナーが自ら店舗でキリキリ働くことになってしまう。ローソンは日販を引き上げるのに躍起になっているのはこれが背景にあります
若い人たちは、本当忙しそうです。日々様々な予定に追われていて、暇だからバイトしよう。という発想は過去と比較すると低下してる気がします。更にはもっと効率的なバイトや生活にあったバイトを選んでいる気も…。
エリアマネージャーの友人が多いのですが、固定費内での無茶も多いようです。これこそ、セルフレジや移民での労働者確保が出来ないとしんどくなるサービスかと。
一方で、中国からの留学生は、喜んでコンビニのバイトをやりたがります。なぜか?経営を隅から隅まで見て経験できるから...この差が将来コワイ
アルバイトも単純に経済的理由だけで判断されるものではなく、「やりがい」という要素も大きい。適切な権限移譲とコミュニケーションで、アルバイトのモチベーションを引き上げ、売上もアップさせたコンビニの事例が身近にあります。
若干話はそれますが、自宅近くに、店長さんはじめ、どの店員さんもすごく笑顔が素敵で一声かけてくれるコンビニがあり、仕事で疲れている時、和むので、つい寄ってしまいます。そういう人が多いのか、レジで並ばない時がないほどです。