新着Pick
422Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
学生時代アパレル小売り店でバイトしていた経験から、店舗経営っていうのは若いうちに経験するスキルとしていいものだと感じている。
なぜなら、売り上げだけでなく、利益管理、採用、人材育成、仕入れオペレーションなどミニ経営のような経験を体験できるから。
それも海外の店舗も束ねてとなるとかなり大変だけどいい経験だと思う。
【コメント訂正・加筆】
求人同時掲載企画は第3弾ではなく、第4弾です!失礼しました。
今回はファーストリテイリング、日産自動車はじめ、日本代表するグローバル企業の求人を掲載しています!!【訂正・加筆終了】


求人掲載第4弾は、若手ビジネスパーソンのグローバルキャリアです。ユニクロのメルボルン総支店長の土屋潤平さんと、日産自動車グローバル商品広報部の百瀬梓さんを取材しました。世界一の店長を目指している土屋さん、横浜にある本社からグローバルな広報戦略に関わる百瀬さん、ともに自然体ながらポジティブな仕事への姿勢が印象的です。
《キャリア》転職を考えてる時に、こういう記事を読むと期待値だけが上がってしまう。実は罪作りな広告記事です。まあ、キラキラ見えるように記事作ってるんだけど、仕事はトラブルと雑用めいた作業もセットでくっついてくるわけで。
グローバルな枠組みでしか若い人が活躍する機会が無いとも言える気がする。
ローカルで若い人が活躍できる環境って作れないものだろうか?
現状はそれが無いから地方⇒東京⇒海外というように優秀な人が流れてしまっていると思う。
ここの部分は地方創生において重要なポイントでは?
どんどん若手が海外にでればいい。世界の壁はそんなに高くない!
大企業の一従業員としてほどほどの国外勤務を経験するより、地方の中小企業で世界のニッチトップなビジネスを手がけるほうが、よほどグローバルなキャリアとおもうけど。
社会人、学生問わず、語学を活かしてグローバルに活躍したいという人は沢山いる。ただ、ユニクロの土屋さんの様に希望しても簡単に海外に赴任できるわけではない。今回は多くのグローバル・キャリアの求人がでている。チャンスだと思う。
キャリア希望欄に、何度も何度も何度も何度も何度も何度も、希望を書いても通らない企業とは、どう付き合っていけば、いいんですかね、と悩んでいる人向け記事ですかね。
求人ネイティブアド!
学生のときにNewspicksやっていたら、ここからエントリーしていたと思います。
海外で働きたい、と思う人は周りに一杯いますが、実際に行動を起こしているのは少数派。すぐに希望がかなわない場合も多いですが、どんどんアピールしていけばいいと思います。あとは壮大な慣れ。自分もロンドン、ドイツ、オーストラリア、世界の国々と電話会議等でコミュニケートすることで、当初の「自分で大丈夫だろうか?」という不安は時間とともに吹っ飛びました。
株式会社ファーストリテイリング(英語: Fast Retailing Co., Ltd.)は、株式会社ユニクロなどの衣料品会社を傘下にもつ持株会社である。東京証券取引所第一部上場。世界のカジュアルの企業の中での売り上げは第3位である。 ウィキペディア
時価総額
7.15 兆円

業績