新着Pick
88Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
炭素繊維は技術的な参入障壁が高く、市場シェアはあまり変動がみられない。今後炭素繊維の需要が高まっていくなかで、日系メーカー3社(東レ、三菱レイヨン、東邦テナックス(帝人))の動向には注目したいところ。

航空機の分野でも重要で、Boeing、Airbusともに使用量は上がってきています。素材やコストなどの話は過去の記事を参照。

①炭素繊維は鉄とアルミに勝るか?
https://newspicks.com/news/1113334?ref=search_103074
②「787」チタン使用削減へ
https://newspicks.com/news/1085136?ref=search_102799
東レの最近の買収は素晴らしいと思う。炭素繊維に関しては、2013年にローエンドに強いZoltekを買収(①のコメント参照)。今回は加工系でハイエンドだと思うが、ammennilさんが書かれているように加工系で強化。自動車メーカーと開発するにあたって、バリューチェーンを幅広く持っておくことは重要だし、それを50億円で55%出資できるなら、捨て金となっても全然よいレベル。
また、2週間前に発表した②のLG Chemの電池材料(セパレータ)買収も、顧客とのつながりを強くするという点で素晴らしい。顧客とのつながり強化というのが両者の共通点。
https://newspicks.com/news/702551?ref=user_100438
https://newspicks.com/news/1159493?ref=user_100438
ダイヤモンドが硬いことからわかるように、炭素繊維は丈夫です。しかも、炭素なので軽い。炭素繊維をプラスチックに混ぜることで、丈夫で軽い材料が実現します。しかし、丈夫で繊維を含むため、削るのが難しく、型に入れて成形します。加工にコストがかかります。

化学メーカーとあるので、デルタテックは成形が得意なのでは?東レは材料が得意で、加工も考慮した安価な炭素繊維を開発し、電気自動車の燃費向上を狙っているのだと思います。電気自動車は電池と同じくらい燃費向上は大事なので価格が高くても需要はありそうです。
東レは上流の糸の生産は強いが、ミッドストリームからダウンストリームのアプリケーション開発や加工販売まだ弱かった。そういう意味ではいい買収だと思います
【経済】News Picksがリリースされるはるか前から炭素繊維の自動車材への利用についてはよく意見して来た。今後は電気自動車にシフトすることによって、これまでよりも高温を必要としない自動車が主流となる。その時に自動車材の主流を占めるのは炭素繊維や耐熱性樹脂であると考えている。ただ、炭素繊維や耐熱性樹脂は廃棄が難しいという点をクリアにしておく必要もあると考えている。
東レが炭素繊維事業強化のためにイタリアの化学メーカー「デルタテック」の株式の55%を投資額約50億円で取得するとのこと。炭素繊維は軽さと強度を兼ね備えており自動車部品としても注目されている。BMWのi3などで使われている。デザイン的にも炭素繊維を使うことでアクセントになるので今後使われることが増えると思う。
炭素繊維の加工会社なんですね。下流工程側ということで、炭素繊維バリューチェーンの強化、王道の買収、という感じでしょうか。

素材産業、日本は強いですからね。
期待したい
帝人株式会社(ていじん、英:Teijin Limited)は、本店、本社を大阪市北区に置く、日本の大手繊維事業者。帝人グループの中核企業であり、事業持株会社である。 ウィキペディア
時価総額
3,979 億円

業績

東レ株式会社(とうレ、英称:Toray Industries, Inc.)は、大阪府大阪市北区中之島に大阪本社、東京都中央区日本橋室町に東京本社を置く、合成繊維・合成樹脂をはじめとする化学製品や情報関連素材を取り扱う大手化学企業。 ウィキペディア
時価総額
1.15 兆円

業績