新着Pick
147Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
連載第6回『ピボットすべきタイミングはいつですか?』です。

前回 第5回『起業家は撤退ラインを設けるべきですか?』
https://newspicks.com/news/1157491/body/?ref=user_9183
の中で「大きなストーリーがブレない限りにおいて、ピボットはOK」とは言ったものの、なんでも横文字にすれば、オシャレに聞こえるという風潮の中、“カジュアルなピボット”が増えていることに違和感を感じます。

“カジュアルなピボット”とは、結果論でうまくいかなかったからと言って、なぜうまくいかなかったかの検証がないまま、安易にピボットすることです。

本来、同じ失敗でも、次に繋がる失敗とすべく、(1)前提となる外部環境の仮説が崩れたのか、or (2)外部環境の仮説は変わらないがやり切れなかったのか、を検証し、学びを次に活かすことが重要です。

ベンチャー業界も、ミーハーな所があり、「ピボット」、「ユニコーン」、「グロース・ハック」などなど様々なオシャレな横文字が飛び交います。流行っているコンセプトの本質的な意味を捉え、自分で腹落ちするまで咀嚼して、自社事業に適用することが必須です。
「やり切る」と「固執する」の違い。今回も難しいテーマ。頭で分かっていても当事者と第三者では見えている景色があまりに違う。ここは新規事業においては永遠の課題だなと感じています。ちなみに「ピボット」という言葉への違和感は僕も高宮さんの指摘通りのものを感じています。
ピボットには、軸が必要。
軸なしに動き回っても、何も見えない。

▼ピボットの要点
①深い市場への仮説
②泥臭くやる。動きながら仮説や前提が残っているか確認する
③定量的な指標の動きをみて、ピボットの基準は常にもつ

この3つがあって成り立つもの。

簡易的なプロトタイプをつくって、結果検証をすることはピボットに行き着かない。
少なくともキャッシュが潤沢なうちじゃないと認められないですね。キャッシュ切れそうになってやるピボットはもはやピボットではないので。
この連載、本当に良いね。
これは大事な考え方だなぁ。
@Junji_Hayakawa: 「ピボット」という言葉の捉え方が間違っているように思う。本来、今と違うことをやることをピボットと言うのではなくて、より良い方にフィットすることをもってピボットという。だからピボットしているほうが価値が高く評価される。