新着Pick
329Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
下を強くする.研究室でもそれが基本.学部生が強いと院生は頑張るか折れるかだけど,上が強いと空気が悪くなる.どんどん下を強くしていく.
「向上心と体力」でスカウトし「大きな目標があるなら、狂ったように練習に打ち込ませる」という。結果はたまたま出ない。良い結果は、出るべくして出ている。素晴らしい指導者です。
「上を立てればいいチームになるけど、下を強くすれば強いチームになる。」←とても納得感があります。
日大三高野球部にドジャース戦法を導入した田口周監督は1年生を3カ年計画で育てて強くしたが、上級生にはチャンスが少なかったとのこと。そこを両立させる栄さんは凄い。
選手に狂わせるには監督も狂わなければいけない、てことか?
でも無駄に練習時間長くするのは好きじゃないなー。
凄い。レベルが違う。
お話ししてみたいですね。常人には見えないものが何か見えているのでしょう。
私の分野にも何か役に立つものが見つかるかも知れない。
達人です。
練習レベルは上位2〜30%に合わせるがセオリーと思ってたので新視点。
根性論がネガティブに語られることが多くなってきている中で、非科学的なトレーニングの価値を再認識させてくれる記事です!

西洋の科学的トレーニングを受け入れすぎて、日本の組織が元々持っていた、非科学的なトレーニングから生まれる強さを失ってはいけない。

確かに精神論だけではダメ。ただ、スキルで差別化が図れない世界で、最後に勝敗を分けるのは精神力。
どれだけ狂って自分を追い込んできたかが、根拠のない自信を生み、ここぞというときに力を発揮できる。

組織を強くする指導者に共通しているのは、非科学的なトレーニングと科学的なトレーニングのバランス。

ラグビー日本代表を率いたエディー・ジョーンズも、コーチングとはアートとサイエンスだと表現しています。
綜合警備保障株式会社(そうごうけいびほしょう、Sohgo Security Services Co., Ltd.)は、日本の警備、セキュリティーサービス会社。コーポレートブランドは「ALSOK」(アルソック)。 ウィキペディア
時価総額
5,775 億円

業績