新着Pick
NewsPicks編集部

この記事は有料会員限定の記事となります。

69Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
本当に「対岸の火事」と捉えている人も少なくないでしょうし、中国が大きく落ち込むと日本への影響も大きそう、と思っている人も、自分も含めて本当にどのくらいの影響を受けるのか、正直想像しきれていないというは事実だと思うので、そういうところも含めて「対岸の火事視している」という指摘はその通りなんでしょう。ただ、リーマンもそうでしたが金融でグローバルにつながる世界では、どんな連鎖リスクがあるのかは一般人にはなかなか想像しにくい世の中になってきているし、それに輪をかけて中国の場合は「実態」がつかみにくい、莫大な金が動いているということも確かだと思います
結局中国が強力な金融緩和を実施し、為替を管理し、国内で不動産価格を上昇させるしかないように思う。元が売られても$に資金が還流するので米金利の急上昇リスクは誇張ではないだろうか。
必読記事。これまでの株式市場・為替市場の動向などがまとまっているのでキャッチアップもできるし、最近よく見る「結局成長率何%なの?」という点まで網羅されている。
記事にある間接税収は、自分は知らなかったが、そこからの成長率は直感的にこれくらいというのと合う。一方で、それは国内の成長期待があるから消費を先行的にしている部分もあり、日本のように「低成長・デフレマインド化」させないことがその維持のためには必須だと思った。
なお、最後に上げられている「中国経済崩壊論をネタとして消費していないか」という問題意識は、本当にそう思う。情報が不透明だったり、感情的なもつれがあるのが現実で、ネタ消費される現実も踏まえないといけないが、分析・行動をして現実的なメリットを取りたいなら、それはノイズ以外の何物でもない。
IMFとのくだりはしらなかった。
仮にそうだとして、これだけのマイナスの大相場にるかな。
結局相場の信頼をどうやって勝ち取り、裏切るか、に見える
元が売り込まれ、元安を阻止するために米国債が売られるので米金利が上がり、FRBの利上げとバッティングすると米金利が急上昇しエライことになるというのは、一瞬納得しかけるが、急にドルに資金が向かえば金利は下方に働くので、椎名先生が仰るように果たしてそうかな?と思う。変数の程度感が掴めないので、この問題は難しいですね。