新着Pick
126Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
先日も書きましたが、スカパーのJリーグ及び日本サッカーへの貢献が、ファンに勘違いされているように感じます。前任の田中さんは日本テレビ出身、小牧さんはフジテレビ出身であり、日本における地上波のパワーを誰よりも知っている故、「地上波での露出を抑えよう」などという低級な考えは一切見受けられません。事実は、もっとシンプルです。

ー スカパーは、自社の利益を超えたJリーグ全体の発展を目標に取り組んでいる
ー 他社では払えない額の放映権料をJリーグに払っている
ー 放映権料に加え、世界的に見ても余り例のない1部&2部リーグ全試合生放送による多大なる製作費も負担(欧州サッカー並の数のカメラを入れるのは、現状、スカパーのみならず日本のどのテレビ会社にとっても財政的にほぼ不可能)
ー 欧州名門リーグが、地上波で見られる先進諸国はほとんどない
ー むしろ、独占権利に高額の放映権料を払う有料テレビ局に支えられ、過去20年位、欧州主要リーグは発展を遂げた
ー サービスは無料で余り対価を払う文化のない日本にては、有料テレビ・ビジネスモデルが簡単には普及しない、というのが、欧州の主な国との大きな違い
ー 高いというファンもいるようですが、欧州主要国における料金と比べると、スカパーなどが課金しているサッカー視聴パッケージは、かなり安い

上記の理由から、国内での放映権料からの伸びが限られるため、国外放映権の開拓などが必要。しかし、そのためには、テレビコンテンツとしての質改善、戦略・人材・コンテンツなどの国際化が必須ですので、そこらへんは、また今後触れて行きたいと思います!
観客がスタジアムを一杯にするからペイTVの売り上げが増える構造が理想なんだけどね。
自分たちの商売の源泉が何か?徹底的に考えてる。
スポーツ業界ではまだまだ地上波画強い。コンテンツの価値がリアルタイム視聴にあるから。
この感覚はネット業界に長くいるとよく感じる。
ローカル局の希望に応じて試合中継を認めるスキームになっている、というのはクラブでもあまり認識がないようです。
スポーツはメディアに頼ってばかりいないで、自分達でメディアを持つべき。特にマイナースポーツなんかは絶対に取り上げてもらえないと思っておいた方がいい。取り上げられたらラッキーくらいに。
この人面白いな。
小牧さん!
株式会社スカパーJSATホールディングス(スカパージェイサットホールディングス、英語: SKY Perfect JSAT Holdings Inc.)は、放送・通信企業の集合体「スカパーJSATグループ」を統括する持株会社(純粋持株会社)。伊藤忠商事、および同社とフジ・メディア・ホールディングスが出資する伊藤忠・フジ・パートナーズの持分法適用関連会社である。 ウィキペディア
時価総額
1,292 億円

業績