新着Pick
434Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
アパレルの定額レンタルはベンチャーではあったが、大手アパレル自ら手掛けるのははじめてでは?普通に考えて、店販とカニバるだろう、と思ってしまいますのでこの意思決定は3つの意味ですごいと思う。
経営レベルでは想定されるカニバリと、一方で毎月5800円を必ず払うということで顧客内シェアを上げられるということのトレードオフだと思うが、いくらアンケートをとろうと結果は見えないなかで思いきれたこと。それもいきなりメインブランドでの挑戦
二つ目は対従業員で、店舗スタッフのモチベーション低下につながりかねないなかでの決断だったこと。
そして最後はデベへの説明。店売り落ちて歩合家賃減ったらどうするんだ、という反発がありそうななかでよく思いきったな、と。
気になるのは新作まで同じタイミングで全て対象になるのか、ということですかね
ナルホド!正直、レンタル借り放題は高額ドレス以外は収益成り立たないと思ってたけど原価率が低いアパレルメーカーが自らやるならアリ。
ざっと計算するとアースミュージックの平均単価4500円 (定価) として原価率33%とすると原価1,500円。ユーザーは平均2回、借りるとすると商品コストは1,500円*3着*2回=9,000円、送料とかたして大体コストは10,000円/月。
収益面ではユーザーから徴収する毎月5,800円に加えて、中古販売が平均7割引で70%消化するとすれば、平均単価4,500円×(1-70%)×70%×3個×2回=5,670円の中古販売収入。
返送料は500円でコストペイするとしたら、1ユーザーあたり毎月1,470円、儲かる算段。
これは面白いなあ。凄いなあ。
すげぇ。どこもやってほしいね
アパレルメーカー自らがこの取り組みをするというのは斬新。ただ、新しい道を模索する中で素晴らしい選択だと思う。これが近い将来のスタンダードになっている可能性はあると思う。
自らのdisruptionモデルに参入するのは勇気ありますね。きっとやってるチームは、社内で支援してもらえないこともあるでしょうし、孤独でしょうが、頑張ってもらいたいです。
SPAがレンタルサービスを仕掛けてくるとは面白い試み。
服の概念はファストファッションの段階でかなり変革がありましたが、実際に大手ブランドがやることで裾野がまたさらに広がりそうですね。
このモデルは大手アパレルがこぞって参加するんだろうな。
新しい挑戦素晴らしいですね。
今まで「ハレの日」のドレスや着物のレンタルは好調でした。そしていよいよ日常でも。大学生くらいから変わって行きそうですね。
株式会社ストライプインターナショナル(英称:STRIPE INTERNATIONAL INC.)は、アパレル(衣料品)の製造・販売を展開する日本の会社(SPA)である。 ウィキペディア