新着Pick
233Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
日本からIBMワトソンの研究に参加している日本IBM東京基礎研究所の武田浩一さんにインタビューしました。
人工知能はもう50年以上まえから研究されているので、テーマとしてはとても古い。それがここへきて、クイズ番組で人を超えるレベルに急激に進化できた拝見をわかりやすく説明していただきました。IBMワトソンが得意なことは?なぜ?という視点です。
ワトソンの良さは確度(0~1)で曖昧な回答を出せるところだけど、多くの人は結論(0 or 1)を求めがち。ワトソンの個性を理解できるホームズの思慮深さが必要。
Watsonの価値は、登録した質問と答えを返すだけでなく、情報登録をすればするほど人の考えの及ばない範囲まで答えを導きだせること。
医療分野などで人類の発展をサポートする存在になっていく気がする。
モノは良いのは認めますが、ダブルバイトでどこまで機能拡張するのかが鍵。

結局日本のWatson戦略は、IBMがソフトバンクバンクに委ねましたから、ソフトバンクグループがどこまで活かしきれるかどうか。

回りまわって、私のところへイロイロなヘルプ、アドバイスの依頼がきているという事実。
人間の認知力を機械で増強する仕組み。命を生み出そうとしているというより介護アシスト用の人工骨格とかあっちに近い。なので人工知能とは自称していない。