新着Pick
199Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
地方創生連載第7回は、スノーピークに都心から転居転職したUターン社員の方にフォーカス。敷地680坪という小林さんの新居が、うらやましい限り!地方だからこそのワークライフバランスの象徴でしょう。ご家族で少しずつ、家づくりを進めていかれる姿が目に浮かびます。庭の計画イラストまでご披露いただきました。UターンやIターンの場合、家族が地域になじめるかも課題です。この自宅はその解決策の意味もあるようです。
これ、僕が欲しかったから創りました。
これ、僕が創りました。

と言えるのが私達snow peakの特徴の一つです。小林悠は、snow peakに来るべくして来たと感じます。
力のあるデザイナーは是非スノーピークへ。(^^)
1坪1万円!680坪の土地が680万円で買えてしまう。なのに通勤は15分。関東では考えられない生活。こういう人生の選択肢がもっと増えて欲しい。最高。
いやーこの特集は俺の心をえぐるなー笑
四国はさすがに東京から離れすぎだけど、関西でいい場所ないかな
楽しそうでいいですね。
私はこの夏モンゴル・ツァータン族の調査でキャンプ生活をしましたが、ライフラインがきれた状態は、いつか戻るという前提がなければ、続けられませんでした。
自宅の構想が素敵すぎる。雑草処理の構想もすばらしい。
「雑草はどうするのかと思うでしょ。実は、いずれヤギを飼う予定です。ミルクからチーズもつくれるので楽しみにしています」
理想的なUターン。こんな企業なら田舎暮らしが楽しそうで仕方ない。
趣味と仕事とライフがブレンドしまくってます。羨ましい。
こんど今通ってる大学院の院生主催でスノーピークの見学とBBQやる予定。でも俺は試合で行けない泣。
企画だけして自分は行けないとか・・・
転職による収入増減の話に触れられていませんでした。(もうこの特集のどこかで触れられていましたかね…) 家族のお話もさることながら、そういう部分の現状、それに対するお考え方も明らかになっていたほうがよい、と感じます。もちろん、プライベートな話なので、一般論として取り上げるかたちになると思います。というか、そこを意識してしまう方には、こういう生き方は向いていない、のかもしれませんが…。
なるほど、地方に住んじゃうのね。Iターンですね。

確かに出来ないことはないんだけど、やっぱりお客さんに日々会う仕事で、子供も東京の学校に通っていると、ハードルが高いですね。

個人的にはキャンプも好きなので、週末に行きつつ、生活は東京が楽だな。

人それぞれってということで。でも、ちょっと憧れるな~
キヤノン株式会社(読みはキャノン、英語: Canon Inc.)は、カメラ、ビデオをはじめとする映像機器、プリンタ、複写機をはじめとする事務機器、デジタルマルチメディア機器や半導体露光装置(ステッパー)などを製造する大手電気機器メーカー。 ウィキペディア
時価総額
4.08 兆円

業績

スノーピークは、日本の新潟県三条市に本社を置くアウトドア総合メーカー(Snow Peak, Inc. )およびそのブランド名(Snow Peak )である。世界に先駆け、「オートキャンプ」のスタイルを生んだ会社で知られており、「自らもユーザーである」という立場から、「自分たちが本当にほしい製品」を作ることで、それまでなかった「自然の中で豊かで贅沢な時間を過ごすアウトドアの楽しみ方」を確立してきた。 ウィキペディア
時価総額
174 億円

業績