新着Pick
318Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ミスタイプ一つ訂正しわすれた。◯高輝度、✖️高軌道ですね。あと文系理系の区別は単に大学受験での選択に過ぎない。私は東京に格安で行きたかったので東大文系を志望しただけで他大学なら理系学部でも受かってたと思う。ちなみにQDレーザーのアイウェアの話は半年以上前にhoriemon.comで紹介してますよー。
今日も面白い。「ゲームの技術を活かしたヘルスケア」とぱっと出てくるのはやはり日頃のアンテナの高さですね。
海外の例だが、VRを活用したバーチャル手術シミュレーターというものがあって、数千万もするので費用対効果ではなかなか正当化しづらいものの、金持ちのテクノロジー好きの医者にはめちゃめちゃ刺さっていると聞いたことがあります。そんな世界も近いんでしょうね
ただ、医療の世界はやはり時間がかかります。ソニーでもヘルスケア強化は前から言っているところですが、なかなか柱にはならず、「ならば」ということで出資したオリンパスとも折り合いがつかず半分撤退。とはいえ、GE含めた世界の電気メーカーではヘルスケアが大きな収益源になっているなか、更なる強化は必要でしょう
最初は、「えっ、目の補聴器」と感じたのですが、話を聞き終わる頃には、「それはいいアイディア!」と納得してしまっていました。

追記:堀江さんご指摘の訂正入れました。お詫び申し上げます。
これはぐうの音も出ないですねぇ。低消費電力の映像系なのでグーグルグラスのようなバッテリの問題もなく、弱視の人のニーズも大きいのに現状代替がなく、保険が効くので手の届きやすい価格で実現できる。
グラスタイプのディスプレイは、どうしても今見えている情報に足すことばかりを考えてしまいますが、現状足りてない人をサポートしてマイナスをプラスにするという側に目をつけるのはなるほどです。
ただ、ここでの提案プランを実行できるのは何もソニーだけではないので、意思決定の早いところに持ってかれそうですね。
「目の補聴器」の可能性は高そう。堀江さんはいろいろなもにに興味を持って試したり情報収集をしている。ソニーの幹部もちゃんと知っていて興味を持って行動しているのだろうか。もししていないならその差は大きいと思う。イーロン・マスクにしろやはり行動力がイノベーションの源担っていると思う。
記事内で『今のソニーの改革案について考えるのは、難しい所ですよね』と堀江さん述べられているが、連載にコメント頂いている伊庭さんも「具体性を欠くが」とコメントされたり(①)、自分も先日の記事で「極めて難易度が高い」とコメント(②)したが、本当に難しいと思う。止血は必要で、それは誰もわかっている(そして吉田CFO中心に大分進んだ印象)。でもワクワクドキドキというソニーに皆が期待するもの、一方で規模の大きさを考えたときに、なかなか解はなく、これが現実の経営のむずかしさだと感じる。
なお、記事にあるレーザー網膜走査型端末は期待。ウェラブル端末で障害になるのは、バッテリーで、その寄与要因の大きい部分はディスプレイ。計算自体はスマホとかにやらせることは可能だろうから、あとは通信部分の消費電力を減らせれば、結構な進化ができるかも?緋色さんなどのコメントも伺いたいポイント。
https://newspicks.com/news/1154027?ref=user_567571
https://newspicks.com/news/1154969?ref=user_100438
ホリエモン、発想もすごいけどベースとなる知識の広さがすごい。目の補聴器というのは画期的。これってすごい飯の種なんじゃないかと思うけど、ソニーはじめ、まじめに研究開発とかしているのかなぁ。
QDレーザーさん、いいですね!
「現時点では、レーザーに関して、みんな高軌道、高出力でレーザープロジェクターとかそういう方向性にばかりいっているので、出力の低いレーザーは市場ができてない。ただし、網膜は逆に出力が弱いほうがいいので、出力の低いレーザーが求められます。しかも、出力を弱くすれば、消費電力をものすごく抑えることもできます。」
➡こういう発想はどういう業界でも応用出来そうです。みんなが追いかけているのと反対、もしくは少し違うところ。そうするとニッチで、誰も攻めていないからブルーオーシャンなのですね。

また、堀江さんが視覚障害者の方向けの商品に興味をもたれ、その無限の可能性を感じておられることに明るい未来を感じました。ソニーさんにはこういった「ライフスタイルを変えるプロダクト」を期待したいですね!
これは#08のコメント。
 「きめ細かいマーケティングができてない」との指摘に心当たりがあるが、残念なことだ。昔は、きめ細かいマーケティングは得意だった。
「ソニーの経営をできるは人いっぱいいる」か?#02のコメント欄に書いた通り、ソニー・グループのCEOとエレキのCEOは、別物と考えれば、分かりやすい。両方を兼ねる資質を有する人材はまずいないだろう。しかし、エレキ事業の経営に専念するCEOとすれば、社内に人材はいる。社外から人材を迎えることもよい。ハードルは高そうだが、それだけインパクトがあるだろう。
 プレステの生みの親、久夛良木健は嘆く。プレステも発売以来20年過ぎた。商品のカタログを見ても、この20年、ゲームを含め、テレビ、オーデイオなどカテゴリーは変わらない。ソニーがもつ力を活用して、チャレンジしてしかるべき領域を挙げても、現役から手ごたえある反応がないようだ。先刻承知ということか。でも、リカリング・モデルとか富士重工をベンチマークする話には耳を傾けているようだ。志が低い。
 久夛良木健は網膜投影も挙げていた。ホリエモンは、QDレーザーの将来について熱く語る。イノベーションが起る時には、将来を熱く語る伝道師が存在した。ウオークマンの盛田昭夫、CDの大賀典雄、AIVOの土井利忠、プレステの久夛良木健など。エレキの将来像が見えない。伝統的カテゴリーは、需要がある限り、残存者利益を享受する戦略でよいではないか。燃えるイノベーションの指導者の出現を待望する。
堀江さんの言うとおり、アイウェアの話は、半年以上前のhoriemon.comの記事にも書かれていますね。http://horiemon.com/talk/19194/

ものすごく面白そうなアイデアだけど、こんなにオープンに話してしまってよいんだろうか。
この連載について
2015年第1四半期は、デバイスやゲームの好調により利益が回復したソニー。長きにわたる停滞は終わり、底打ちしたと言えるのか。今後の成長と生き残りのために、ソニーはどんな戦略で食っていけばいいのか。エレクトロニクス、金融、ゲーム、音楽、映画など事業別にソニーの「生き残り戦略」を考える。

業績