新着Pick
394Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
星野さんは、ずっと前から「休暇を分散取得する社会システムにすれば、GWなど休暇が集中する期間に、旅行費の削減や混雑回避につながる」と提唱。今やみんなで一緒に休むのは、休みやすいからに過ぎない。長期休暇の分散化に賛成。
休暇の分散化には大賛成です。みんなが一緒に休むとホリデー費用は信じられないほど高くなります。その一方でサービスの質は信じられないほどに下がります。いいことはほとんど感じません。自由に休暇が取れても過ごし方がわからない?休みたくはい人は休まなくてもいいと思います。選択肢があることが大切です。海外へ出掛けられる人も増えて日本のグローバル力は少しずつアップするとことでしょう。
おお!チームラボ猪子がオリンピックの3Dホログラム生放送を提案してる!
横浜のDMM VR シアター貸すよ〜!
まだ休暇の分散化とか言ってるのか。みんな勝手に休めばいいのに、横並びじゃないと不安な人々笑
休暇の分散は大歓迎ですが、学校を休むことができないという問題が発生する。これを解決するためにある程度、eラーニングの導入の検討なども必要だと思う。
自分なりの答えを。出張が仕事(オン)の時の旅なら、観光は休み(オフ)の旅。観光の総量を増やすにはオフの総量が増やさないといけない。働き方、住居の場所、オフィスの場所など時間の余裕を持てる社会制度とインフラ整備が整えば旅行の総量が増える。エネルギー、IT、ロボティクスの日本の戦略はこの方向に進んでるとおもう。旅先には選択の厚みが必要。決まったメニューではなく自分で選べるように、また選ぶ人をめんどくさがらない供給側の意識変革がすすむと思います。
休暇の分散化は古い課題。実は休暇の問題ではなく、日本人の働き方の問題なのです。存外、星野氏の働き方にも問題があるかもしれません
星野さんの休暇の分散化と共に、休暇の日数を増やすことが有効だと思います。仕事は勿論大切ですが、仕事のパフォーマンスを伸ばすには仕事から離れた時間を作ることもとても大切だと思います。

旅は勿論休息する意味もありますが、学びも多いと思います。例えば日本の地方を訪れることで、それが自分のビジネスのヒントになったり、極端な話その訪れた土地で新たなビジネスが生まれたりするとも思います。また、旅を通じて日常の光景とは違うものを見て体験することが結果的に人間の幅を広げたり、視野を広げたりすることもあると思います。

旅が出来るくらいの休暇をとれる社会になるといいなと思います。
ここは真摯に受け止め改善を考えないとです→ 「アジアの中での順位は伸びていない。伸び率という点では他の国に負けている」
こうやって本質的に良いこと(地域活性化や日本国への長期的経済貢献)がもっともっと行われれば良いと思うし、僕も僕なりの方法で率先してそういう事をしなくちゃなと思う。
パナソニック株式会社(英語: Panasonic Corporation)は、大阪府門真市に拠点を置く電機メーカー。白物家電などのエレクトロニクス分野をはじめ、住宅分野や車載分野などを手がける。国内電機業界では日立製作所、ソニーに次いで3位。 ウィキペディア
時価総額
2.73 兆円

業績