新着Pick
100Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
国民国家連合は往生際が悪い
正直、欧州は時代の先を行っているのか、単に時代遅れなのかが判断つかない。中国みたいに、グーグル排除でBaidu(百度)が台頭するようなことがあるのだと、なるほどそう来たかという感じなのだが。。。

Industry 4.0とかで、ボッシュ・SAPなどが先行していてすごい!という話を聞くが、実際のところGEがやっているインダストリー・インターネットの方がやはり進んでいる感じがする。

AI・ロボット化もどんどん進んでいくときに、欧州は既存企業、人権を非常に大事にすることで、技術進化に後れをとっていく可能性が高い。ただ一方で、技術進化についていったエリアや国に住む人々が全体としてハッピーなのか?という不安も付きまとうが。。。

なので、先に進んでいるのか、単に遅れているのかが、よくわからない。。。
欧州委員会(EC)の今回の話以外もふくめて、欧州は日本(米国もか)から見るとある種異様な自分たちを守ろうとするルール作りがDNAに埋め込まれているようにもみえます。巻き込まれた当事者に取材をしても、言いがかり、誤解に満ちたものが散見されます。確かに歴史的に見れば、自分たちが生み出した新しい技術や産業が次々と米国、日本、アジアなどにもっていかれた歴史を見ればその被害者意識は納得できますが、産業などは次々と良い立地を探すという感覚からすれば異様に見えます。今起きている次世代自動車のルール付けも、個人的にはドイツ(欧州)vs米国、の様相を呈してきていますし、今後20年は技術革新がすすむのでしょうが、巨大産業のローカライゼーションがより一層ポイントになるのではと感じ始めています。古くは、米国ルールもしくは文化を押し付けようとしたウォルマートは海外ではさっぱりです。批判は多いとはいえ、マクドナルドやスタバなどよくやっているなという印象です。アマゾンも頑張っている部類に入るでしょうか。グーグルは、ネットでもともと世界中でつながっていることもあり、欧州の閉じた環境理解をそうした先行者に学ぶのを怠ったかもしれませんね。
規制したほうがいいのか、自由にやらせたらいいのか。答えはもちろんないけど、その結果誰がどういう得をするのか、で考えると、合法的な課税回避、自国産業の保護など、ヨーロッパのネット産業にとってはポジ。Googleがない事によるユーザー不便、の天秤。
お金が絡むと、ネットの世界もボーダレスになるのはまだ早いということですか。
Google LLC(グーグル)は、インターネット関連のサービスと製品に特化したアメリカの多国籍テクノロジー企業である。検索エンジン、オンライン広告、クラウドコンピューティング、ソフトウェア、ハードウェア関連の事業がある。 ウィキペディア