新着Pick
270Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
かなり長めの文章になってしまいました。。。変化の時代だからこそ、過去のイノベーターたちから多くのヒントを学べるはず。メディアの歴史を学ぶと、いろいろなアイディアが湧いてきます。
非常に読み応えのある記事で面白かったです。ただ「ビジネスをジャーナリズムより優先せざるをえない」とメディアが言い切るのは自殺行為だと思いました。私は「事務所の売上を弁護士倫理よりも優先せざるを得ない」とは絶対に思いません。梅田さんがコメントされている通り、時系列の関係であり、表現の問題なのかもしれませんが、危うさを拭いきれません。

あと、この点はもちろんご検討されているのだと思いますが、「純広告費」という括りで言えば、市場はコンスタントに拡大していると理解しています。新聞広告費のみに着目するのではなく、ユーザーの可処分時間と企業側の広告マーケティングニーズをいかにつなげて、「純広告費」の中でのパイを如何に広げていくのかがポイントなのかなと感じました。
http://www.dentsu.co.jp/news/release/2015/0224-003977.html

私自身がメディアビジネスにリスクをとっているわけでもないくせに、偉そうなことを申し上げて、大変僭越ですが、一般ユーザーからの成り上がりとして、Newspicksの大ファンとして、一言書かせて頂きました。
編集長が指摘している通り、良質なジャーナリジムをうむためには、まずはビジネスを成り立たせる事が前提条件になります。これは対立するものでなく、順番の問題ですね。PCブラウザの時代にこのビジネスモデルが崩壊してしまった事がいまの最大の課題で、再び紙の時代と同じ環境を取り戻す必要があります。そして、スマホの登場により再びゼロからビジネスモデルを構築できる大チャンスが登場しました。僕はジャーナリジムなど、大それた事はまだ言えませんが、まずはその土壌となるビジネスモデルの構築を頑張ります。ちなみにコメントでもご指摘頂いている通り、今はSPEEDAの収益に支えられている面がありますが、NewsPicks単体でも必ず高収益な事業にします。そうしないと意味がないと思っています。
追記・ふるまいさんはNP辞められていたのですね…

NewsPicksには経済記者の育成に力を入れて欲しいですね。取材はパズルのようなもの。バラバラのピースを集める。埋もれているピースがあれば掘り起こす。こうした基本動作ができる記者を育てて、将来的には人材輩出会社になって欲しい。
同時に経済ジャーナリズムの質を高めるべく、経済ジャーナリズム賞を運営してはどうか。審査員は第三者で。
こうした取り組みを地道にやっていれば、経済メデイアとしての存在感はより高まると思う。
電子化をちゃんと出来たところが残るのではないでしょうか。電子書籍もそうですが、紙のコピーを電子化だと思っているうちはダメだと思います。NPでたびたび出てくるインフォグラフィックのように、電子媒体であることのメリットを活かしたコンテンツが、今後確実に重要になるはずです。インフォグラフィックだと、多国語展開も容易でしょうし、NPには是非、インフォグラフィックでの多言語展開にチャレンジしてもらいたいです。
広告収入が激減しているのですね~。
広告主は世の中の動きに機敏かつドライに反応するので、それだけ広告価値が減ったということ。
これから、ますます厳しい時代がやってくるのではないでしょうか?
ネイティブアド問題もそうだけど、ジャーナリズムよりビジネスでどこまでメディアとしての役割が果たせるのか。でもNYTはモバイル専用の広告システムを導入したりと、この辺りから今後広がっていきそうな予感。
「無料で記事を解放」というパンドラの箱を開けてしまった現代では、情報に無料でたどり着けることがもはや当たり前になっている中で、「無料で読める代わりに、広告を見てくれ」とか「あなたのことを教えてくれ」というと、読者は「嫌だ」という非常にコンテンツ供給サイドの腰が低くなる構造をなんとかしないといけないのかなとも思います。
ある意味で、人は思想的に赤っぽくなってるかなとも…
菊池寛は調べれば調べるほど天才的ですね
話は逸れるけど、もはや新聞をとっている家庭の方が圧倒的に少なくなっていると思われる地域に住んでいるのに、今だに小学校から「書道をやるので新聞紙を持ってきてください」という連絡を毎月貰うことに辟易とする。