新着Pick
412Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
米国でシリアル・アントレプレナーとしてこれだけの成功を収めた日本人は、なかなかいないでしょう。とても参考になります。

「考えないでやってみたらいい。
 一緒にやる仲間と思い切って起業するのが一番いい」
ヘルスケアベンチャーのfitbitにこんな日本人がいるとは全く知らなかったがすごい。孫さんとも旧知の仲とか。
ハード自体の精度よりアプリ・ソフトを起点としたエコシステム。
IOT時代を迎えて、Cに向き合う日本のハードメーカーがすべからく頭を切り替えるべき変化ですね
面白い。最近はCMも増えてきました。『fitbitはオムロンの部品を使っているが、2015年6月の上場で500億円くらいお金ができたので、これからは日本の企業と組んで、独自のセンサーを開発作る予定だ。』とのこと。今ン後、どこと組むのだろうか。
言いにくいが、正直内容にどうもピンとこなかったので調べたら限りなく誤報に近いミスリーディングな内容だった。経歴の「cisco に約590億円で売却」もそうだし、本文の語り口からも誰もがこの方がそれらの会社の創業者だと思うが、 https://www.crunchbase.com/organization/filip ここにもどの記事にも名前が無く、Fitbitの経営陣にも名前が無い。一部のAdvisorなどと記載するページはあったが。
スタートアップを自分で創業するのと他人が創業する会社に顧問や従業員として参加するのとでは全く別物だ。
後者であってもそれは貴重であり学びもあると思うし尊敬すらする。しかしそれを前者と意図的とも取れるほどに混同を招く書き方は良くないと思う。
面白い人だけど、Pure DigitalはCiscoにとっては大失敗買収でした。2009年に買って、2011年には閉鎖されちゃいましたからね。それにFitbitでは顧問みたいな立場で、創業者でもExecutive teamのメンバーでもありません。

それにしても日本が世界で勝てないという固定観念で記事が書かれていることは残念ですね。テックのコンシューマープロダクトの世界ではその傾向はありますが、それ以外ではそんなことは決してありませんよ。偏見を広げないで欲しいですね。そもそも弱点を改めるより長所を伸ばすことに注力した方が良い。
これはめちゃくちゃ示唆に富んでる、開発ばかりやってある程度のところで止めて儲ける、これができてない会社がほとんど。これはすごい納得。是非読んでほしい記事。
面白いな。日本はハードを作るのがうまくて、アプリがなくて売れないってその通りだと思う。ストックオプションの話も興味深い。会社に関わる人みんなで盛り上げようを思える環境を作っているとこが成功の秘訣ですね。
こんなおもろーなオジサマがいらっしゃったのか。
お勉強云々ではない、ブルドーザー的パワーをお持ちな方なんだろうか、記事から察するに。
お会いしてみたい
起業するなら会社員のうちに、か。
でも、ご自身は会社すぐやめたんですよね?笑
見習いたい。

業績