samurai_150829_bnr

【第13話】U18ワールドカップリポート

清宮幸太郎が示す、スーパースターへの2つの可能性

2015/8/29

野球のU18ワールドカップを取材するため、8月26日から大阪に来ている。改めて感じているのが、高校野球人気の高さだ。

NPBエンタープライズの事業部兼広報部の加藤謙次郎氏によると、20日にU18日本代表が発表された際、侍ジャパンのホームページは160万PVを記録。それ以降も、毎日80万PVをたたき出している。SNSからの流入よりも、ユーザーが自ら検索してたどり着くケースが多く見られるという。ちなみに昨年11月、トップチームが日米野球を戦ったときには月間1000万PVを記録したが、それを上回るペースのようだ。

「プロより高校生の人気が高くて、果たしていいのでしょうか」

あるプロ野球関係者がそうこぼすほど、現在の高校野球人気はすさまじい。全国47都道府県からそれぞれ代表が選ばれる夏の甲子園大会は、すべてのファンが「自分のチーム」に感情移入することができる。そうした地盤に加え、現場で感じるのはスーパースターをつくり出そうというメディアや周囲の空気だ。

大学日本代表戦は4番で出場

その主役が、スーパー1年生の清宮幸太郎(早稲田実業)。4月に発表された第1次候補には入っておらず、今夏の活躍で選ばれた格好だ。そして西谷浩一監督は、清宮の飛躍を起用で後押ししている。26日に壮行試合として行われた大学日本代表戦で、4番で先発出場させたのである。

「状態も上がってきていましたし、ほかのバッターのことも考えて。彼にはいいところで回ってくるというか、打順の巡りを考えて、今日は4番がいいんじゃないかなと思いました」

筆者は清宮の父で、ジャパンラグビートップリーグのヤマハ発動機ジュビロを率いる克幸を取材したことが1度ある。最も印象に残ったのが、猛烈な威圧感だ。あれほどまで聞き手として品定めされている感覚を持ったのは、野村克也氏以来のことだった。

清宮幸太郎の言動を見ていると、そんな父親のメンタリティを確かに引き継いでいることがよくわかる。首脳陣の期待をプレッシャーに感じず、むしろ力に変えているのだ。