新着Pick
76Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
黒子に徹してしっかり稼いでいる三菱電機と彼らにとってライバルでありベンチマーク企業であるABBを比較しました。

課題はM&Aと書こうとしていたら、エアコン買収のニュースがあり驚きました。900億円という小さくもなく大きくもない三菱電機らしい選択。年収1億円の役員をもっとも排出しても経営判断はブレていないようです。
ABBはGEやシーメンスの一部事業との対比の方が良いと思っていたので、三菱電機との対比は意外だったが、規模と地域で見ると成る程と。最後にどちらがGEとシーメンスに近いかにも触れられていて、記事の通りと思う。
三菱電機は、一部設備メーカーからインバーターは三菱電機製と指定を受ける程、国内では強いのですが。
意外な比較。オートメーション系はロボットでABBが強いのは大きな違いだが、エクスポージャとしては確かに結構似ているかもと思った(そもそも両社扱っている製品が多いので、被るところも多くなるのもあるが)。
ただ、重電に関しては自分は異なる意見。高電圧送変電(50万ボルトなど)と低電圧(数万ボルト、配電網)ではプレイヤーが違い、前者はグローバルプレイヤーで代表格はABB・Siemens・Alstom、後者はローカルプレイヤー。三菱電機が高電圧送変電でABBと同じプレゼンスがあるかというと、関連する製品が多いので一部製品ではあるかもしれないが、トータルでは大きな差があると思う。
あと、ポートフォリオ管理に関して、ABBは領域を絞り込んでいる印象があるが、三菱電機は収益率での判断(儲かっていれば続ける)という印象がある。とはいえ、ABBは良い経営の代表格で日立もかなり参考にしている会社。そこに三菱電機が連結ベースでこうやって迫ってきているのは、とても嬉しい!
GE、Siemensはプロジェクトを丸ごと受けられるが、三菱電機やABBは一部のシステム設計・納品に限られるので、そこの実績を積めるかどうかだと思う。
アジアの成長を享受できてるってのがこれからも強い。重工といい、三菱財閥の強さが最近は光りますね。

業績

三菱電機株式会社(みつびしでんき、Mitsubishi Electric Corporation)は、日本の大手総合電機メーカーであり、三菱電機グループの中核企業。 ウィキペディア
時価総額
3.28 兆円

業績