editorschoice_bnr

編集部がピックアップする新刊本3冊

グーグルが徹底する「データドリブン」な採用・育成体系とは

2015/8/26
時代を切り取る新刊本をさまざまな角度から紹介する「Book Picks」。毎週水曜日は「Editor’s Choice」と題して、NewsPicks編集部のメンバーがピックアップした新刊本を紹介する。
今回はエディターのケイヒル・エミが、「グーグルの採用・育成体系」「全米で人気の古着ネットショップ」「ヤフーの異業種コラボ研修」をテーマに3冊を取り上げる。

 threepicks01_profile

本書は、グーグル人事担当上級副社長ラズロ・ボックがグーグルの採用、育成、報酬について赤裸々に語った著書である。

人工芝にハンモック、滑り台のあるオフィスの風景に象徴されるような、自由闊達(かったつ)な社風を説明するのに冒頭3章が費やされている。しかし、本書の真の見どころはグーグルのデータドリブン(データに基づく意思決定をすること)な人事活動に関する記述だろう。

ボックによれば、グーグルでは「社員にかける時間と資金の大部分を、新たな社員を引きつけ、評価し、育てることに投じる」。

これは、小さなスタートアップだったときから、1人で何人分もの成果を出す、突出した「人材」が最大の資本であったことや、グーグルが急スピードで成長したことに関係する。こういった環境では、人材の「はずれくじ」を引くことが、致命的なロスになりかねなかった。

「はずれくじ」を引かないための合理的な採用に必要だったのは、公正中立な「データ」である。本書では、そんな人事活動に関するデータがこれでもか、というほど提示される。

5章から例を挙げてみよう。ボックが「一番力を入れている人事活動だ」と言い切る採用活動に関して、以下のようなデータが提示されている。

応募者の職務能力を測る際、身元照会は応募者の職務能力を7%しか説明できず、職務経験年数はたったの3%しか説明できない。

日本の採用活動でも一般的な非構造化面接(質問項目を特に用意はせず、被面接者の反応に応じて自由に方向づけを行う面接のこと)の職務能力は説明力がたったの14%。逆に、比較的職務能力を測るのに向いているのはIQテストなどの一般認識能力テスト(26%)や、あらかじめ質問項目を決めて行われる構造的面接(26%)なのだそうだ。