新着Pick
549Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
記事にも書きましたが、編集部の重厚なコンサル特集がはじまってしまい、書こうと思っていたことが被ってしまったので、なるべくパーソナルな経験やモチベーションについて書きました。守秘義務があり、具体的な名前や内容が書けないのでまどろっこしくてすいません。お手柔らかなコメントをお願いします。次回はコンサル特集を振り返りつつコンサルタントの役割について考察したいと思います
『コンサルティングは究極の「主観」を言う商売と捉えています』という文章が印象的だし、コンサルティングに限らず同意すること。
大学生の頃とか、世の中を知らずに、一方で色々な「ロジカルシンキング」とか「バリュエーション」といった本があるから、正解はあるという幻想を持っていた気がする。ただ、年を重ねるごとに、複数の正解があるし、またどういう集団がやるか、特に意志によって正解が変わるとどんどん思うようになってきた。
ただ、複数の正解がある一方で、前提としてそこは未来の話で、すでに起こった事実に関しては大体は要因分析も可能。未来の方がはるかに難しいからこそ、起こったことに関しての分析は徹底して客観的・論理的にやるというのは、併せて重要。
特に戦略コンサルタントは特定の業界を中心に、ということなく、幅広い業界のクライアントに対してアドバイスをしなければならない。それこそ初めてという業界であっても、プロジェクト開始前に死ぬほど勉強してキャッチアップし、プロとしてクライアントと対峙しなきゃいけない。
まずその時点で好奇心がなければやり切れないだろうし、他の業界以上にインプットとアウトプットを高速で繰り返さなければいけない環境に身を置くことは成長にも繋がるんだと思う。
コンサルタントという職務は「定義」や「雛形」がないので、どの組織でコンサルデビューするかによってものすごく色が出る気がする。

記事を読んで、下記の部分に深く共感した。結局、経営に正解なんてないし、コンサルタントはどこまで行っても部外者でしかない。でも、それを「客観」と置いてしまうと上から目線の他人事になりかねないわけで、究極の「主観」だと捉える姿勢は非常に重要だと感じる。

「コンサルティングは「客観性」と言われますが、本質的にはそれは違うと思います。私は、究極の「主観」を言う商売と捉えています。クライアントの価値観から自由だという意味で「客観」ではあるものの、そもそも答えがない問いに答えようとしているので、誰が見ても正解である答えなど出てくるはずもありません。集められるだけの情報を集め、これまでの経験と合わせて「自分ならこうします」と提案するのが基本です。」
長らくやってる方のお話は、力まない説得力がある。コンサルという仕事への愛情が溢れるお話だった。パートナーになるとファーム経営の役割も担うので、ビジネス観も深まる。CDIの戦略について、次回は期待したい。 Good job urabe san!
"「こんな業界があるんだ」「こういうゲームのルールになっているんだ」と知ることで、知的好奇心が満たされます。"

これは、本当にそう思います。
個人的にはマニアックな世界を色々と見ることが多いですが、
つい誰かに喋りたくなる感が湧いてきます(秘密保持の関係で社外では喋れませんが)


占部さんの極めて順調なステップアップがさらりと書かれてありますが、
この裏では無力感や自己嫌悪など様々な葛藤があるはずで、
また、おそらく半分をこえる割合で辞めていく人も多いため、
メンタルタフネスは極めて重要な素養だと思います
これは面白い!コンサル特集では「企業としてのコンサルファーム」に迫りましたが、占部さんの記事は一人のコンサルタントがパートナーになるまで。数々の山場を経て、今の仕事をしているのだと、興味深く読みました。
やっぱりなんか最近コンサルが眩しい。「なぜ続けているのか」を説明できる、って当たり前だけれど簡単じゃない。とってもいい仕事されてるんだろうなあ。そんなアナリスト15年目の自分ですw
第2弾プロピッカーの中でも1番の当たりの占部さんだけど、この方の他にランキングには2人しかプロピッカーがいないってどうなん…。
書かれてることは素晴らしいけど編集がすべて文章で構成したのが残念。これをコンサル的に図示したらこれですかねって図が欲しかった。