新着Pick
357Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
「日常の延長線上に飛躍はない」、「この野郎」という理不尽への怒りが、別世界、飛躍へのスタートラインです。頭にきたらチャンスかも知れません。負けずに頑張りましょう。
【第9話】ニューヨークのさくら銀行M&Aグループのヘッドを務めた佐山さんは、仕事の傍らニューヨーク大学大学院に行き、2年でMBAを取ります。「実はMBAに行ったのは、人生3つ目の壁にぶち当たったからでした」。この野郎!と思った出来事とは?
佐山さんのNY駐在時代のストーリー。僕は、特に佐山さんの仕事をしながら夜間MBAに自費で通われた話が心打つものがあった。というのも、僕も自費でロンドンに大学院留学(MBAではないが)したが、その時の思いや情景が久しぶりに蘇ってきたからだ。僕も新卒で入った最初のコンサルの仕事を辞めて、26歳で自費で一人でロンドンに行き、慣れない英語の授業を受けながら四苦八苦していた頃が、いまでは懐かしい。

佐山さんがNYのさくら銀行で昼間はM&Aの仕事しながらNYUの夜間MBAコースでたった2年で修了されたというのが本当にすごいと思う。いまは日本にも仕事をしながら入れるパートタイムMBAコースがかなり増えたが、それでも昼間仕事をしながら、夕方から頭を切り替えて授業に臨み、そしてその後また仕事に帰って、そしてさらにコース課題に深夜遅くまで取り組むというような生活を、僕は2年も続けられる自信はまったくない。僕もそうだったがフルタイムの大学院はある意味それだけに没頭できるので、自分自身の心構えだけの問題だが、仕事を続けながらのパートタイムの勉学は、社内からの冷ややかな視線と闘いながら、しっかりと仕事でパフォーマンスを出し、なんとか上司や同僚を説得しつつ、仕事のストレスも抱えながら、目の前の授業や課題に深夜まで取り組むというのは、並大抵の覚悟では絶対に乗り越えられないと思う。それを、帰国子女ではない佐山さんがNYUというトップスクールで全部英語でこなしたというのもすごい。

佐山さんの「この野郎」が新たな取り組みへの大きなトリガーとなった話もとても印象的。こうやって、ネガティブに近い思いが、他の人への批判や妬み嫉みに繋がらず、まっすぐ自分自身の研鑽へのモチベーションに繋がっていくのが、佐山さんの天性の陽性なところなのだと推察した。仕事を通じて、「この野郎」と思いたくなるストレスは誰でも多かれ少なかれ持っているが、それを佐山さんのように前向きに昇華できる人がどれほどいるだろう。他人の批判や自分自身への言い訳をするぐらいなら、どんどん前に進んでいったほうがいい。
佐山さんのイノベーターズライフには同僚や上司、取引先の方々の実名がたくさん出てきます。かつての仲間と継続的な信頼関係を結ばれていらっしゃる証ですね。本記事、最後のお写真の皆様の”いい顔”からも、そんな温かい空気が感じられます。
「行かなかったケースは間違いなく「行けばよかった」と後悔している。だったら行けばいい。これは簡単だ、行こうと決めました。」
➡簡単ですね(^^)でも実際には「行く」を選択できる人は少ないと思います。余計な心配や甘えがでるものかと。佐山先生の決断力、実行力は見習いたいですね。

「ほかの銀行員は、年に2回の長期休暇で海外旅行などに行っていました。私は試験に使っていたのでその間まったく行けず、家族には申しわけないと思いましたが、そんな生活を続けて、目標の2年で修了できました。」
➡非常に共感します。自分の家族を持ってからの自己研鑽は家族への影響を考えながら行わなければなりません。選択では自分の思いだけでは貫けないところもあります。本を読むことひとつも後ろめたさを感じます。その中での決断は、今やるべきかどうかの時期的なタイミングとそもそもやるメリットがどれだけあるのかを常に考えなければいけません。そして同時に子供にとっての「今」の価値も考えます。そういう意味で昼休みや通勤途上は本当に貴重な時間です。子育てしながらのお仕事は大変ですが、こういう毎日の些細な選択もビジネスにおける戦略的な選択の訓練だと思えば楽しめます。

「理不尽なことにぶち当たって「この野郎」と思ったら、それは次の別世界への招待状です。愚痴を言っても何も変わりません。「この野郎」のエネルギーを次への飛躍につなげるべきで、そのエネルギーが強ければ強いほど、飛躍の大きな力になるのです。」
➡私も試練が訪れると「試されてるんだなぁ」、「成長のチャンスだ」と思います。試練自体は辛いものもありその時はしんどいのですが、乗り越えた後、必ず「あの時しんどかったけど、今があるのはあの時のおかげ」と思える時は必ずやってきます。出産と同じで喉元過ぎればしんどかったことも殆ど忘れてしまいます。

佐山先生と私の話は次元が全く違いますが、その生き方に心底共感致します。
面白かったです。人事評価に関する不満が、社内の理解を得るために動くことや愚痴に向かず、即MBA取得に向くところが素敵。

それにしても昔の写真や志望動機が残っているなど、佐山さんって整理整頓上手でもあるのだろうか。。。時代を感じられるものがたくさんあるのもこの連載の楽しみの一つです。
これは是非、多くの社会人の皆さんに読んでほしい。「理不尽なことにぶち当たって「この野郎」と思ったら、それは次の別世界への招待状です。」
佐山さんの努力には、本当に頭が下がります。異国の地で、仕事をしながら、4年のコースを2年に短縮してMBAとは脱帽です。30代も後半になってくると、放出ばかりでインプットが疎かになってきますが、やっぱり勉強は大事ですね。しっかり勉強しようとあらためて思いました。
>>この野郎と思ったら、別世界への招待状。 素敵です。この週末はゆっくり休んだけど、明日から更に新しい学びためにがんばろ!
「この野郎」と思った気持ちを別の高い目標に昇華するのが大事ですね。先日読んだ別の記事では、それを他人の足を引っ張るためにネガティブに変換しがちというようなことが書かれていました。
個人的には、この感覚は高校の部活の最後の試合で負けて悔しかった時に、受験へのバネとした感覚に近くて、非常に共感しました。最近忘れかけている気がするので、思い出せて良かったです。
この連載について
各界にパラダイムシフトを起こしてきたイノベーターたちは、どのような生い立ち、人生を送ってきたのか? その深部に迫ることで、イノベーションを起こす源泉をたどる。