新着Pick
310Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
アメリカも含め車上荒らしが頻発する治安の悪い国では据付型HDDよりもGarminなどの取外可能なHDDが支持されてきた。
スマホアプリの方が簡便だし盗難の心配も無い。高いお金をかけて据付型も取外型も買わずにタブレットやスマホでカーナビを代用させるのは頷ける。
実際よくスマホナビ使うけど、アメリカで英語に設定しておくとiPhoneのナビも地名や通りの名前まで行ってくれるので非常に便利。
カリフォルニア州の法律では運転中にスマホに触ってはいけないので停止中に操作するのが望ましい。

追記
牧野さんコメントに付け加えると、iPhone登場まではタッチパネルと言えばニンテンドーDSや駅の券売機で使われているような押し込むタイプの抵抗膜方式のものが多かった。ピンチアウト、インをスワイプで出来るような多点検知の静電容量方式はiPhoneの爆発的ヒットで一般的になった。
その後自動車メーカーには「なんでカーナビのタッチパネルはスワイプトか出来ないの?」という要望がどんどん来るようになり、そこから開発が始まっており、車載製品の開発期間はどうしても数年単位に及ぶのでまだ世の中にはそれほど沢山の静電容量方式タッチパネルのカーナビは出回ってない。
下記記事でも色々説明あるので紹介しておく
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150810-00000057-it_monoist-ind

以下本文記事
 「まず、静電容量方式が車室内で発生するさまざまなノイズの影響を受けて誤動作を起こしやすいのに対して、抵抗膜方式は押された部分を確実に認識することだ。次に、ドライビンググローブなどの手袋を装着して操作する場合、一般的に静電容量方式は操作できないが、抵抗膜方式は操作できる点が挙げられる。そして、静電容量方式よりも抵抗膜方式の方が安価なことだ。
 ただし、表面を押しこめるような膜にしなければならない抵抗膜方式に対して、静電容量方式は表面にガラスやプラスチックのパネルで覆うことができ、デザイン面では抵抗膜方式よりも静電容量方式が圧倒的に有利になる。スマートフォンと同様の操作性の実現、そしてデザイン面の優位性、そして採用拡大によるコスト削減効果もあって、着実に静電容量方式の車載タッチパネルを搭載するカーナビやディスプレイオーディオが増えている。」
みなさんのご指摘とはまた少し違った視点から。
最新の状況は知らないのですが、スマホとカーナビではインタフェースが違うんですよね。拡大しようと思うと、画面端の+ボタンを押したりしなければならず、スマホのようなピンチができない。画面を移動しようとすると、移動したい先をクリックしなければならず、ドラッグができない。
スマホのインタフェースに慣れてしまった人にとっては、カーナビ独自の操作性は不便でしかない。
以前聞いた話では、安全のために許容されるタッチ操作の種類が業界内である程度規定されているらしく、なかなかそうはならないのだとか。

そもそも、進行方向の情報をより多く知りたいのだから、画面は縦長であるべきだと思っているのだけれど、これも助手席の人のエンタメのために横長である必要があるとかなんとか。このあたりの柔軟性の低さも問題かなぁと。
完全にスマホナビの方が検索性に優れてるよ
カーナビ外し、Googleマップに変えました。
基本的には快適ですが、スマホ筐体が凄まじい熱を発する事が増えてきた。これだけはなんとかならないかなぁ
米国や東南アジアではカーナビのためのカーナビ使ってる人はかなり少ない印象。カーナビ業界は間違いなく斜陽産業です
Uberも全部スマホでナビしてますしね。

牧野さんとkikidiaryさんのお話しが面白い。私はガラケー時代に感圧式も、静電容量式も両方で商品を企画してきました。

iPhoneがでる前は明らかに「押した感」で感圧式が好まれましたね。今ではやはり反応速度と慣れで静電容量式が好まれる時代に。

Apple Watchや次期iPhoneはある意味静電容量方式に感圧の考え方を取り入れたのは面白い。Garaxy Noteで採用されているワコムのペンタプレットも同じ思想ではありますが、全然分かりやすさが違います。
ワコムのペンタプレットはPhotoshopレタッチには必須アイテムになってるので、プロ向けにはこれまた凄いですが。
もうヤフーカーナビで十分です。カーナビの地図更新などを考えるとアプリの方が圧倒的に有利。日本人は細いのでカーナビ派の人も根強くいると思います。
地図情報の高額な更新料という、カーナビ最大の問題が解決しなければ、スマホナビに駆逐される。
日本だけ見るとビルトインの普及率が高いのでまだまだ感があるが、海外を眺めるともともとTomtom的な何かが主流だっただけにスイッチの速度も早い印象。
これはもう十年ぐらい前には予測していたのだが、やはり予測が現実の兆候になるには、思ったよりは時間がかかり、しかし気付いたら取り戻せない流れになっている。
そもそもネットにつながっているので道路情報も周辺情報も手に入り、地図も最新。最近は反応速度も改善し、画面も大半のTomtomより大きい。Tomtom的な会社は第二のブラックベリー的な危機なのだろうか?後で調べてみよう。
スマホの方が情報更新早いし、検索や拡大縮小が楽。
Yahooのナビアプリは最強だと思ってる。