新着Pick
272Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
コンサル特集は今回が最終回です。ご愛読、誠にありがとうございました。取材を通じて浮かび上がって来たのは、これまでのコンサルの「勝ちパターン」が通用しなくなるなか、「次の一手」を模索する各ファームの姿。そのアプローチは千差万別でしたが、クライアントへの価値を何よりも優先するプロフェッショナリズムは、どのコンサルタントの方にも共通していました。私自身はコンサルからメディアに転身した(復帰した)立場ですが、コンサルの未来について語られたことが、すなわちメディアの未来を考える上でヒントになることもあり、興味深い取材でした。今後もプロフェッショナルな業界を取り上げていければと思います。
集合と離散という点で言うと、メディア業界は完全に離散の流れ。規模よりも、個人とチームの力が重要な時代がやってきています。メディアで離散というか、個が目立つ時代がやってきたのは、大正デモクラシー、戦後の出版ラッシュ以来ではないでしょうか。
源流が一緒ながら個人的にはあまり好きになれなかった御大ですが、今日の話はすっと入りました。素晴らしい。
一つは、この仕事をするには「面白さ」が重要で、それは「人」が決めると言うこと。相手が真剣に悩んでるほどこちらもやりがいがある。また、誰がやってもできてどう効率的にやるかだけの「道路工事」みたいな仕事はつまらない。悩みへの「共感」が重要であり、「共感」出来ないクライアントの仕事はやらない、ということが大事と最近よく社内では議論しています
もう一つは集合と分散のはなし。連載を通じてコメントしてきた戦略ファームの産業化(ソリューション化、専門化、人材派遣化)もあるし、取り上げられませんでしたが、会計系ファームの総合化が著しいのが近年。大きく言えば集合のトレンド。ただそうなるほど画一的だったり、質にバラツキが出てくるので、少人数の小回りが効く会社にもチャンスが出てくるのかな、と思ってもいます
連載通じて常に自分達へのインプリケーションはなにかを考えられたためになる連載でした。ありがとうございました。自分の記事でも総括したいと思ってます
いやー面白い。結局は問題を定義し、それをどこまで細分化できるか、と。誰でも専門分野を越えて学べるようになった時代だからこそコンサル不要論が出てるのかも。
本当にその通りですね。「あらゆる仕事で一番大切なのは問題発見能力なんだよ。問題がきちんと定義できれば、解決策は直ちに思いつかなくても、いずれ出てくるし、自分でわからなければ知恵のある人に聞いて回ればいい。」
堀紘一さんのお話は、ズバズバと本質を突いてくる鋭さがありますね。集合と分散の繰り返しあらゆる業界に起こっていて、それこそスタートアップはその波を捉えて参入している。
前回のより今回の方が堀さんの良さが現れてますね。
「あらゆる仕事で一番大切なのは問題発見能力」というのは本当にその通りだと思います。問題を問題として認識し、定義する能力は重要で、それができないと解決しようがない。
僕は違った言い方で「不満や不具合を感じる能力」と言ったりもしているけど、詰まるところ問題が問題であると認識できるってのはどんな仕事でも必要ですね。
「国語は重要」と予備校の先生に受験時代に言われたことを思い出した。自分は理系だったが、文章題こそが思考力を問われ、それは問題を理解し、そこに対して自分の回答を示すことで、両方で国語力が問われると言われた。まさに問題を定義するという点だと思う。
関連して、カタカナばかりのバズワードばかり使った資料・記事は好きではない。もちろん、一定の知見がある関係者全員が、共通理解を持っている言葉であればいいが、そうではない言葉も多いと思う。つまり具体化できてなく、必要な定義づけが関係者・読者に届かない(タチが悪い場合は、書いてる本人が分かっていなくて定義づけできていないからバズワードを使っている場合も少なからずあろう)。そこがなければ、記事・資料としても価値が減る。
面白かった。次回は是非、弁護士業界でも。笑
《ビジネス》問題の定義は、経験というツールでもって発見し易くなるが、経験がバイアスに置き換わると厄介。一流のコンサルタントは、バイアスに惑わされず、問題の見極め速度が速いと思う。
この連載について
企業の経営活動を陰で支えるコンサルティングファームが今、岐路に立たされている。クライアントのニーズが多様化し、ビジネスモデルそのものが変質しているのだ。本特集では、「クリエイティブ路線へのシフト」「高級派遣業化」「投資ファンド化」という3つの新潮流に着目。現役・OBコンサルタントへのインタビューから、業界の「今」を浮き彫りにしていく。さらに、各ファームのトップが登場し、「戦略コンサルティングファームの戦略」を披露する。