新着Pick
215Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
「私がマッキンゼーにいたのは15年も前ですよ(笑)。野村さん、自分の15年前のこと、話せますか?」という言葉で始まったインタビューですが、密度の濃い内容を語ってもらいました。岩瀬大輔さんの記事と読み比べても、二人の違いが際立って面白いと思います。
我が家はオイシックスのベビーユーザーかつ大ファンです、と前置きしておいて。
「起業する勉強として数年コンサルを経験したい」というひとは少なからずいると思います。まず、いちコンサルタントとして個人的な意見としては、クライアントの悩みに向かい合うのに「自分は腰掛けです」という人は適切でないと感じるし、クライアントと長い付き合いをする上でもしょっちゅう「○○くんは退職しました」というのも失礼。採る側としてもあまり育てたいと思えないので、我々みたいなファームとは合わない考え方ではあります
一方で、飛び込む個人からみれば、悪くはないキャリアなのでは、と思います。高島さんもそうですが「ロジカルシンキングはつかわない」「起業すると営業とか資金繰りとか人のマネジメントが中心でありコンサルの経験は役に立たない」というインタビューをよく見ますが、働く経験をつめて、アウトプット志向を学び、優秀な人がいることを体感し人脈ができ、死ぬほど働くという経験をすることは、間接的にでも役にたってるんじゃないかと思ったりします。コンサルの一年は普通の三年と言われる所以ですね。
なので、大手の懐が深い会社に潜り込んで数年やることは結構良いパスなのでは、とは思っています
セルフブランディングの部分は同意ですねー。
基本的に第一人者に情報は集まります。
First Mover Advantageで、ますます強くなっていく

何より、そこにいたるためのマインドセット、
具体的には、
"厄介なテーマであっても、「あとでまとめておきます」と、翌朝までには何らかの答えを返す"
が強烈ですよね。なかなかできません。
頼まれたら、多少ずれていても何らかのアウトプットを必ず翌朝には持っていくようにしていた、聞けば何かが返ってくると期待させる、というのはとても参考になりますね。セルフブランディング、誰もが意識した方が良いことだと思います。
起業したいから、ということで戦略コンサルに行きたいという人からよくご相談を受けますが、手段としての戦略ファームは必ずしもお勧めではないかな、と思ってます。全く役立たないとも思いませんが、経営コンサルと経営で必要な能力は全く異なると思うので。この辺は南場さんがよく言ってますね。
《キャリア》軽やかさを感じました。「コンサルタントはかくあるべし」というのを押し出す人は多いし、それはそれでプロフェッショナルな感じはするのだが、息苦しい。高島さんのインタビューからはそうした職人色よりも縦横無尽に仕事する、成果を出すという雰囲気が伝わってきた。
まだセルフブランディングは、どの企業においても重要だと思う。特に、マネジメントから使われる側の場合は、イメージ作り+イメージに則した実力形成でもって取り組みたい仕事を獲得できる確率を高められる。
セルフブランディングの大事さは本当にその通りだと思う。経験や知識は目に見えるものではないので、相手にどう見られるのか、という点が大事。個の力が重要視されるコンサルだとそれがさらに生きるのかな。
なくても困らない部分に命を賭けて頑張っている集団は、美学として面白い
難しい問題を楽しむ姿勢っていいよね。
この連載について
企業の経営活動を陰で支えるコンサルティングファームが今、岐路に立たされている。クライアントのニーズが多様化し、ビジネスモデルそのものが変質しているのだ。本特集では、「クリエイティブ路線へのシフト」「高級派遣業化」「投資ファンド化」という3つの新潮流に着目。現役・OBコンサルタントへのインタビューから、業界の「今」を浮き彫りにしていく。さらに、各ファームのトップが登場し、「戦略コンサルティングファームの戦略」を披露する。
マッキンゼー・アンド・カンパニー(McKinsey & Company, Inc.)は、シカゴ大学経営学部教授のジェームズ・O・マッキンゼーにより設立された、アメリカ合衆国に本社を置く大手コンサルティング会社。ドイツポストの経営権を握っている。米国、欧州、アジア、南米、東欧など世界60カ国に105以上の支社を持つグローバルな戦略系コンサルティングファーム。 ウィキペディア