新着Pick
417Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
すごい長いがさすがウェルチ氏とおもうQAセッション。どの質問にも明快な回答だし、答えようがない質問には、分からないといえるのも好感が持てます
タイトルにもある下位10%云々の話は4ページ目付近にある。本当にその通りだが、近年では、そういう人が一人でも会社を吹っ飛ばすほどのネガティブインパクトを出せてしまうので、リスク管理という側面ではやはり労力をかけないとダメなんでしょうね
社会のセーフティネットを企業に押し付けるのはやめて、企業は効率と利益の追求に徹し、一方で安心して転職できるようなセーフティネットを用意すべき。そうなると経営者の能力についても評価は厳しくなる。もちろん正規、非正規の区別も無くす。企業経営者が労務を口実に言い訳できない社会にするべき。
まさにその通り
そうなのかな? タイミングや、与えられたチャンス、そして期待の仕方、個性の活かし方によって、どんな人でも思わぬ大化けをすると思うんだけれど。分かりやすいハイパフォーマーばかり磨いていくと、ワンパターンな会社になる気が・・・。人によって向き不向きはもちろんあると思いますから、会社や組織の多様性を活かせるキャパシティが問われる問いですね。
日本の大学内人事ではこれがいえない。
そうは分かっていても、人は感情の生き物なので徹底出来ない部分ですよね。特に日本は転職への考え方にまだハードルが高いので。
企業は成長して初めて社会に貢献できる。
この2:7:1の話は冷たいようで結局全社員のことを考えると経営者として正しい。会社やCEOのリソースは有限だから常にトレードオフが生じる。
私もジャックウェルチのこの考えは基本賛成だけど、Googleのワークルールズでは下位5%、その下位の人間がきっかけで大きな成長をつかめば全体には大きなインパクトを与えるから、そこにもある一定の力を注ぐ、という考えを聞いて、スタンスを変え始めている。
ウェルチだ!
相変わらず核心めいてど直球な言葉
ゼネラル・エレクトリック(英語: General Electric Company、略称: GE)は、アメリカ合衆国を主な拠点とし電気事業をルーツとする多国籍コングロマリット企業である。世界最大のアメリカ合衆国の総合電機メーカー。 ウィキペディア
時価総額
10.9 兆円

業績