新着Pick
82Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
日本と比べても、如何にアメリカという国は、政府、官僚、民間が決して遠くない未来を夢見てそれを現実にしようとする圧倒的な力があるなと感心するが、この自動運転車も好例だ。
会社を経営してつくづく思うのは、10年後、15年後、自分の会社の商品やサービスがどのような社会でどのような価値を提供して貢献しているかという明確なビジョンを社員と共有することが極めて重要だということ。5年後、10年後に売上と利益をいくらにするという長期目標にはあまり意味がない。国家政策も同じではないか?10年、20年後の高齢化社会日本を、具体的にこんな風にしたいというビジョンこそが、今のアベノミクスに最も重要で、それが明確になれば第三の矢である成長戦略も自ずと描けるはずだと思うのだが。
日本の道路事情では実験は難しいと思います。
日本のメーカーも、おそらく実験場所としてはアメリカを選ぶことになるでしょう。
大規模な製造工場ができるわけでも、州政府に特許が帰属する訳でもないので、慌てることはないと思います。
金鉱は別の場所にあると考えますが・・・。
金融はニューヨーク、自動車はミシガン、ITはシリコンバレー。次の金脈、自動運転の主導権を巡り州政府が凌ぎを削っている。それでもやはりエンジニアが集まるシリコンバレーが強そう。
【IoT/CPS】ビジョンの共有が必要だなあ。乗り越えなくてはいけないのは、主戦場が海外市場であること。その点、依然巨大な国内市場を持つアメリカや、EU市場で勝ち組のドイツは、優位にある。発想ややり方を変えないと…
日本でもすぐに真似できるのに動かない。主要な産業がない地方都市は絶対にやった方がいいと思う。