新着Pick
398Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
発信することによって情報は集まるというのは、Picksをやっていて思う。間違っている部分・足りない部分の指摘や、違う意見、補足的な情報、どんどん集まってくる流れ、いわゆる「コメントがコンテンツ化する流れ」が一番好き。更に情報が集まるということもそうだし、マイナスな流れでないのが、やはりコミュニティ色があるなかでは、とても重要だと思うから。読んだ方が「読んで疲れた」ではなく「読んで楽しかった」と思える流れのほうが、健全。
あと、「ざっくり」は重要。細かい部分に意識を払わないといけないことも、経済ニュースではあるが、一方で木を見て森を見ずとなってもしょうがない。特に理解のためには、まずは「ざっくり」。
ざっくりとしたたとえ話ができるというのは、その対象の本質をキチンと階層的に理解しているということ。サラリとおっしゃってますが、そこはやはり相当難しい。
例えば大学の講義などでは、どうしても数式ばかり追って細かいレベルの理解を追ってしまいがちだけれど、そうするとざっくりとした上位の理解まではなかなか辿り着けない。僕は意識していろんなたとえ話をして、レイヤーを入れ替えて本質を掴んでもらえるようにしている(つもり)。
試験でも、数式を覚えたかどうかだけを見ていてもしょうがないので、ざっくり理解についても聞くようにしてる。最近の応用音響学の問題の一つは「イヤホンの音漏れはシャカシャカと高いのに、車からの音漏れはドゥンドゥンと低いのはなぜでしょう?」
研修やセミナーで話をする際には、たとえ話を多用するようにしている。本題よりもたとえ話をしている時間の方が長いと思う。結局その方が理解が進むし、印象にも残る。
ビジネス系の話でよく出すたとえ話は恋愛。結構みんな興味を持ってくれるし、なんか納得してくれるから(笑)。

で、数字は丸めても必ず出処と算出基準、具体的数値を提示するようにしてる。曖昧に語る癖や盛る癖をつけて欲しくないし、ファクトはファクトでちゃんと理解しておいて欲しいから。

さすがにNewsPicksではそんなことしないけど。
私は頭が良くないので、難しいお話は自分の中で平易な例や身近な話題に置き換えて理解するようにしています。はなっから話がイメージできないと、その後の興味がわきません。

難しいお話を如何に分かりやすく明快にお話しされるどうかは、庶民に愛されるコメンテーターかどうかの別れ道だと思います。ひるおびの永濱さんみたいです(^o^)/
人前で話すのも書くのも苦手なので、コツというのは勉強になります。
アナリスト時代のプレゼンとか、大学の授業だとかのときは、魂の入ったコメントや話しぶりを理想として取り組んでおります。
クレームを言ってくる人も、四六時中自分のことを考えているわけではないので、気にしなさんなという永濱さんのアドバイス。勇気づけられます。
素晴らしいですね。コメンテーターとしての鏡です。
分かっているからこそできるテクニックですが、それを気づかせない上手さがある。
NewsPicksでのコメントは結構しっかりと伝えられているところを見ると、この場はそこそこレベルが高いと思われているということでしょうか。「ひるおび!」より少しレベル高い程度のコメントもお願いしたい。
たとえ話にしてもざっくりの数字にしても、聞き手に合わせて分かりやすくしながら、正確さを損なわない必要がある。

前提となる理解がしっかりしているはずのプロの中でも、この両立ができる人はそれほど多くないように思う。あるいはプロであるからこそ、一般人になじみのない前提や用語に無意識で頼ってしまったり、逆に話を聞いてもらうために本質を歪めてキャッチーな表現に走ってしまったりするのかもしれない。
永濱さんのコメントやpickする記事からは何かと勉強させてもらってます。
マクロ統計データから経済の今をコメントするとき、どこまでデータの細かい数字を入れるかは判断に迷うことがあります。細かい数字より、大枠を把握できる数字を用いて説明するのが望ましいのですが…。ついつい細かい数字を入れてしまうこともあります。そこは自戒したいところです。
【NP】今はテレビや新聞でコメントする時には池上彰的にならないと支持されないということかな。裏を返すと、難しい話を難しいまま話すことが受け入れられなくなっているということ。これはある意味で市民の知的劣化でもあるという事実を受け止めた方がよさそう。
第一生命ホールディングス株式会社(だいいちせいめいホールディングス、英称:Dai-ichi Life Holdings, Inc. )は、日本の金融持株会社。2016年10月1日に第一生命保険グループが持株会社体制に移行し、第一生命保険株式会社から商号変更した。 ウィキペディア
時価総額
2.42 兆円

業績

株式会社ユーザベースは、「経済情報で、世界をかえる」をミッションに掲げる日本のスタートアップ。ソーシャル経済メディア「NewsPicks」及び企業・産業分析を行う人向けの情報プラットフォーム「SPEEDA」などを提供している。 ウィキペディア
株式会社東京放送ホールディングス(とうきょうほうそうホールディングス、英語: Tokyo Broadcasting System Holdings, Inc.、略称:TBSホールディングス、英字略称:TBSHD)は、日本の認定放送持株会社、また当社を中核とするTBSグループの統括会社である。 ウィキペディア
時価総額
3,863 億円

業績