新着Pick
320Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
Fact集なのでコメントしにくいが、自分が驚いたのは2点。一つはマッキンゼーの日本法人って300人もいるのか、という点。BCGは近年急拡大している一方で、昨日コメントしたようにマッキンゼーは日本は注力度が低くあまり規模も大きくしていないという印象だったのですが、昨日書いた内容は少し情報が古かったのかもしれません。
もう一点は、クライアントリストが出ている点。コンサルティングの世界は基本的には「どのクライアントの仕事をしたか」も含めて守秘義務が適用されます。経営のトップシークレットに触れるということはあるのですが、M&Aアドバイザーでもシステムコンサルでも、どこの仕事をしているかは自体は基本オープンで最大の宣伝文句になっている。
コンサルだけ特殊なのは、元をたどれば、経営コンサルティングなんていうものが一般的でなかった際に、「経営の根幹を外部に頼むなんてあの会社は危ないのでは?」と思われるからというのが一つの理由だと理解していて、これだけコンサルティングが一般化して、複数のファームを使い分けたりもする中では、すでにあまり意味がなくなってるかとは思っていますし、クライアント名を出せたほうが、実績のアピール上はやりやすいのに、といつも思っています。今はクライアント側の方が「あそこ使ってるよ」と気軽に言ったりするくらい。(本当は守秘義務は双務なので、クライアントもどこのファームを使っているかは言ってはいけないのですが。他ファームの契約の中身は存じ上げませんが)
自分も連載1回目で、仕事で関わった方からコメント頂いたりしており、そうなると仕方ない(むしろありがたい?)という感じです
今回は目線を変えて、2大ファームをデータの面から比較しました。日本法人はともかく、グローバルを調べると、実はこの人もOBで、こんなクライアントがいたのか!と驚かされました。
これは公開情報(マッキンゼーのMDだったイアンデービスがオックスフォード大学の公演で明言)ですが、マッキンゼーの全世界の経営会議ではFT Glbal 500の取締役レベルに何名卒業生がいるかをKPIとしてモニタリングしているといいます。たしかその時は、私の記憶が正しければ、約150名。世界への影響力は本体だけではなく卒業生も含めたネットワークで確保したいと戦略的に考えているのだと思います。
《ビジネス》なるほど、よく調べましたね。
両社、トップファームだが実際の実力はプロジェクト別に当たり外れがある。
過去に両ファームのアウトプットに触れる機会はあったが、分析は及第点で提言は「どうもね。。。」というものだった。
こうしてインフォグラフィックで見ると、それっぽく見えるが、個人的にはあまり崇拝するのもなという感覚。
トップファームとはいえ、コンサルティングは成果出すのが超ハード。いくら徹底しても、不眠不休でも駄目なものは駄目。
そう考えるとOB/OGよりもずっと現役コンサルタントである人にリスペクトを覚えます。
Mckinsey出身者に、元東京支社長の平野正雄氏(早稲田大学ビジネススクール教授)を入れておいてほしい。
早稲田大学ビジネススクールは、著名コンサル出身者と学界フロントランナーによってファカルティを構成していきたいと思っています。
面白い。やはり両社を筆頭にコンサルファームの人材輩出能力は本当に凄いと思う。今のスタートアップ界隈でもコンサルで訓練を受けた人たちの活躍が目立つ。ビジネスの基礎知識、プロフェッショナリズム、具象、抽象化の思考能力。これらを短期間で訓練するには最高の場だと思います。一方、それだけでは、優秀な事業家になれないのも事実。そのため、コンサル+スタートアップの現場は、良い組み合わせかもしれません。
プロフェッショナルファームの優勢とか先行とかを規模だけで比較するのは不思議な感じですね。一定の規模があれば、平均支払フィー(それが難しいのなら、コンサルタント一人当たり売上)などで比べた方がサービスの質が見えて良い気がします。

あと、日本では、マッキンゼーはコンサルサービスメインですが、BCGは企業の経営企画室の代理みたいな仕事で規模を伸ばしているはずなので、売上の比較はよりミスリーディング。
こうやって比べると面白いですが、そもそもコンサルの比較指標って何がいいんでしょうね?
基本的には人材育成・貸出ビジネスだと考えると、一人あたりの売上(プラスその計算式になる単価x稼働率)と、卒業生の生涯平均報酬でしょうか?ファームとしての力を比べるには、一部の抜きん出た人より、平均値を比べるほうがよさそう。
肌感覚では、上記指標ではグローバルではマッキンゼーがまだ強い印象。
面白い。やはりこうしてグラフィカルに見ると分かりやすいですね。GoogleはCEOがマッキンゼー出身だけどコンサルはBCGというのが興味深い。サンダー・ピチャイの前からの発注だろうから、今後変わるのかな?
ごくごく個人的な印象では、BCGの方がマッキンゼーよりも印象が良かったりする。マッキンゼーの方って、「タイム・イズ・マネー」と「効率化」から手足が生えた印象なので(笑)そういう意味では良くも悪くもBCGは普通の「超優秀な人」という感じです。何の根拠もない、単なる感覚値だけどね。
Googleの新CEOサンダー・ピチャイさんがマッキンゼー出身と知ったのは制作中でした。
この連載について
企業の経営活動を陰で支えるコンサルティングファームが今、岐路に立たされている。クライアントのニーズが多様化し、ビジネスモデルそのものが変質しているのだ。本特集では、「クリエイティブ路線へのシフト」「高級派遣業化」「投資ファンド化」という3つの新潮流に着目。現役・OBコンサルタントへのインタビューから、業界の「今」を浮き彫りにしていく。さらに、各ファームのトップが登場し、「戦略コンサルティングファームの戦略」を披露する。
マッキンゼー・アンド・カンパニー(McKinsey & Company, Inc.)は、シカゴ大学経営学部教授のジェームズ・O・マッキンゼーにより設立された、アメリカ合衆国に本社を置く大手コンサルティング会社。ドイツポストの経営権を握っている。米国、欧州、アジア、南米、東欧など世界60カ国に105以上の支社を持つグローバルな戦略系コンサルティングファーム。 ウィキペディア