新着Pick
341Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
「動画による企画書の提案」。これだけでも昔だったら考えられなかった動き。ちなみにコンサルファームのプレゼン資料は、記事でも言及されている通り、文字が多く、聞く側に立つと内容を消化できない事が多い(これはコンサルの現場を離れた時に最も痛感した事の一つ)。後で読み込むための「報告書」としての役割であれば、素晴らしい完成度だとは思うけど。 そのため、今後は紙ではなく動画によるプレゼンが主流になっていくかもしれません。NPの媒体説明も全て動画でできるように現在準備中です。
問題意識はとても良くわかります。自分もB to C企業をお手伝いすることが多いのでここ2~3年でもいくつか経験があります
・食品会社のあるNBブランドの評価を行い課題を明らかにし、競合と比較した差別化方向性を明らかにしたが、実際のパッケージングやCMをどうしていくのかについては広告代理店さんにお任せとなった
・雑貨ブランドのリ・ブランディングの方向性を明らかにしたが、じゃあどんな旗艦店にしてどうロゴを変えてという辺りは別の専門業者が担当した
・ネット企業の新規事業を考案し、コアコンセプトは作りこんだが、実際にどんなサイト/アプリのUI/UXにしていくのかは、クライアントのデザイナーさんと進めた
これは良い悪いではなく、「それが戦略コンサルティングの役割である」という考えもあるし、垂直統合して一貫サービスを提供します、というのも一つの方向性。実際のモノ作りまで請け負うと、そちらの収益が大きくなり、前段の考える部分(左脳)が弱くなってしまうのは当然なので、一概にどちらが良いかは言えないように思います。
一番良いのは、右脳の感覚があるコンサルタントと、左脳の感覚も理解できるデザイナーがちゃんと協業することで、それができるのであれば必ずしも社内にいる必要はないようにも感じます。ただ、「右脳の感覚があるコンサルタント」も「左脳の感覚も理解できるデザイナー」も出現確率は少ないなかでどうお互いのりしろを出せるか、というところが難しいので、社内で隣に座ってしまえ、という角川/ドワンゴ統合のような発想は確かにあり得るとは思います。
よく名前が出る佐藤可士和さんはまさにこの両方を持った稀有な人だからあれができる。でもそんな人はそうはいないんですよね。
コンサル産業がデザインの領域に行くのはそれがこれから金脈だからで、コンサルタントの進化とかって話ではないと自分は思うけれどね。夢見すぎ。
ジャニーズタレントが結構本気のコントでヨゴレ役をやったり、吉本のイケメン芸人がファッション誌でモデルを務めたりと、「境界線が曖昧になってきている現象」がコンサル界にまで。

ファッション誌に出る芸人に、「何チャラチャラして」と眉をひそめる人がいるように、コンサルがあまりに動画などの「プレゼン技巧」に走るとそれはそれで物議をかもしそうな気もします(自分はアリだと思いますが)。質実剛健なロジカル思考こそがコンサルという方もいると思うので。これ「いい塩梅」が難しそうです。
広告代理店の方から、この話を聞いたことがある。最初、小売店での広告・マーケティング戦略を依頼されたが、それをやろうとしたら会社全体の接客方針や「コーポレートビジョン」などが一番重要だという問題意識が出来て、結局そっちをやったというものだった。
ロジックだけでも直感だけでもダメだし、何か課題を解決するということにフォーカスすれば業態関係なくなっていると感じた。業態転換することを目的とするのではなく、課題解決が目的でそのための手段としての変化であれば、正常だと思う。
一方で、それをやれるのは、ごく一部の人だと思い、俗人的な領域。フレームワーク化しようとしてもできない部分が多いと思う。
やってる側はあれもこれもできると興奮してても、頼む側はあれはあいつで、こいつにはこれ、と冷静だったりする。
アメリカでは、コンサルと広告(デジタルとデザイン)の両方をやるあたらしい業態の会社が伸びています 

商品のプロトタイプをクライアントの代わりに製造し、市場でマーケティングを行い、量産化計画までを設計する会社が現れています 1機能だけを実施する会社から、トータルでサポートする会社が支持されています そのうち日本もそのような会社がでてくるとおもいます

ご参考 ファーレンハイト212
http://www.fahrenheit-212.com/
コンサルファーム各社から出てくる求人ニーズを見ていてもデジタル領域や、いわゆる「右脳」人材を求める動きは顕著になってきています。分厚い報告書よりも動画を見せた方が早い、というのは、単なる手段の話であって本質とは異なると思いますが、とはいえ感性という部分でもこれまでと異なる能力が求められはじめているんだろうな、と。
広告代理店にせよ、コンサルファームにせよ、クライアントに対してどう貢献し、どう価値を提供していくか、ということでしのぎを削っているわけですから、徐々に形を変え、クライアントにとってより刺さりやすく、分かりやすいアウトプットを、というのはある意味必然なのかも知れませんね。
個人的に気になっているのはfrogやIDEOなどのデザインコンサル。既にある部分では尖った存在になってきていますが、今後さらにこういうファームも増えてくんだろうな。
アクセンチュアもデザイン会社を買収してたんだ!
優秀な経営者の思考を追求すると、論理と直感をバランスよく使い分けている。その領域を知るという姿勢が面白い!
>素晴らしい経営者ほど論理や戦略を極めた先に、直感とも言うべき“何か”を乗せています。ならば、われわれも経営のプロとしてその領域を知るべきでしょう」
私は広告代理店と競合するのではなく、協業していく考えです。

PMOをファームが担い、専門領域はその道のブレーンにアウトソーシング。今のところデザインコンサルタントを内製化する必要性はないと感じます。

デザインコンサルティングに大きく舵取りをするのであれば、デザインコンサルタントの稼働率も上がるんだろうけれどそういうシナリオは想定できない。
この連載について
企業の経営活動を陰で支えるコンサルティングファームが今、岐路に立たされている。クライアントのニーズが多様化し、ビジネスモデルそのものが変質しているのだ。本特集では、「クリエイティブ路線へのシフト」「高級派遣業化」「投資ファンド化」という3つの新潮流に着目。現役・OBコンサルタントへのインタビューから、業界の「今」を浮き彫りにしていく。さらに、各ファームのトップが登場し、「戦略コンサルティングファームの戦略」を披露する。
アクセンチュア(Accenture PLC)は、アイルランドに登記上の本拠を置く総合コンサルティング会社。2003年、再保険を営むエクソール完全子会社(PartnerRe)および2年後にBAEシステムズに買収されるソフトウェア会社(Plumtree Software)と提携、三社でいつでもどこでも情報を共有できるようなシステムを共同開発することになった。 ウィキペディア
時価総額
12.6 兆円

業績