新着Pick
182Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
いつの間に免税店になってたのかどころの話じゃない。まあ、イメージは秋葉原のイシマルとかオノデンと同じで最近テレビCM見ないなーといった感じかもしれませんが。

ラオックスは株式市場で最も注目されてる大化け銘柄。この1年で株価は10倍に跳ね上がってます。
中国人観光客のOutbound tourismは世界中の株式市場で今年1番の注目投資テーマ。韓国のホテル企業なんかも株価が暴騰してますが、日本でこのテーマといえばラオックス。ちなみに、Inboundという日本からの目線の表現は一般的ではない。Chinese outboundです。

去年やっと十数億円の黒字転換を果たしたばかりで、店舗数も16店しかなかった免税店運営会社が、今どれくらい注目されてるかというと、

8/14(金)の株式市場での売買代金ランキング
1 東京電力 1,304億円
2 ソフトバンク 829億円
3 ラオックス 703億円
4 三菱UFJ FG 477億円
5 みずほFG 454億円
6 トヨタ自動車 412億円
7 ファーストリテイリング 337億円…など

時価総額10兆円越えのメガバンクをおさえて3位。ラオックスの時価総額は3,500億円。しかも、上場してるのは東証2部です。

親会社は中国の蘇寧雲商集団。アリババとこないだ資本提携した中国EC第3位。彼らの資金協力を後ろ盾に、ラオックスは今年の1〜6月で8店を新規オープン。年末までにも同じくらい出るので、国内の免税店の数は1年で2倍になります。

先ほどの売買代金ですが、親会社や日本法人の社長の資産管理会社が6割強を保有してるので、浮動株の時価総額は1300億円くらい。
それで金曜日の取引金額が700億円だったということは、わずか2日で親会社以外の株主がまるっと入れ替わるペースの新陳代謝ということ。これも前例がない話。
ほんと中国資本傘下になってよかったね
日本市場で苦戦する外資系小売チェーンが多い中で、西友を買収したウォルマートとラオックスを買収した蘇寧電器は、日本の商習慣を尊重しつつ自社の強みを日本市場にうまくマッチさせることができた成功例であるといえます。
ラオックスはインバウンドビジネスの数少ない成功例。
学ぶところは多いと思う。
家電量販店はamazon普及で軒並み苦戦が見込まれたなか、リアルの強みを活かし、中国人観光客を捉えたラオックスと、ネットを敵ではなく味方にしたヨドバシカメラ。
家電量販店業界は経営の巧拙が業績に如実に表れているなあ。
旅行市場の手配権を持つ旅主は中国にいます。外国人が訪日するインバウンドが定着すると、中国企業が手配権を握るでしょう。日本企業で手配権を握れるのは、商品に強みのあるものだけです。
免税店として成功という話はわかるが、中国人観光客が減った時にどうなるかが心配。「中国・人民網によると、毎年日本を訪問する中国人観光客およそ500万人のうち、6割がラオックスで買い物をする」
ちなみに、親会社は中国の蘇寧雲商集団ですが、東証2部上場ですよね。
ラオックスは今年の1〜6月で8店を新規オープンした。今後も新規出店を予定していると聞く。
横浜国立出身の社長は日本のこともよく知っていて日本で何をしたら良いのかもわかってるし、中国人相手に何をしたら良いのかもよくご存知なのでしょう。
日本で購入したものも中国の店舗で保障が受けれるなど免税販売は売ったものがちな部分も解消しているので素晴らしいと思います。
ツアーに組み込まれている。中国でもアフターサービスが受けられる。「爆買い」する側になれば、ここを利用して当然。「商売が上手い会社は、お客様の入口と出口を抑える」。この会社の出口は、アフターサービスにより、お客様を再び入口へと結びつける上手さがあるわけだ。
海外旅行ビジネスは送り出し側が強い。受け側は特殊なコンテンツを持たない限り買い叩かれる。
ラオックス株式会社(英語: Laox Co.,Ltd.)は、全国41店舗(2016年5月末時点)に免税店を展開している大手総合免税店兼家電量販店。2009年に中国の大手家電量販店を運営する蘇寧雲商の傘下となった。社長は羅怡文。 ウィキペディア
時価総額
166 億円

業績