新着Pick
234Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
親子だから優しくなれるし、厳しくする必要もある。そのバランスをどうとるかが、相手との絶妙な距離の取り方が重要になるボクサーだからこそ、巧みな二人なんだと思う。子育て中の父親にはぜひ読んでほしい。好二さんには、さすが元東洋太平洋王者の強さを感じました。
これは本当にその通り。大人になってこの姿勢はむしろカッコ悪い。

『俺、全然勉強なんかしてないよ』と言いながら成績のいいヤツ。息子ぐらいの年代だと、それがカッコイイと思ってしまうけど、そうじゃないんだとね
子を持つ親としてグッと来る内容。何が「カッコイイ」のか。それを示す事が親の役割。
素晴らしいお父さんだと思う。こんな親になりたい。
>「世の中、ウサギもいればカメもいる。本当に強い、手ごわいのは努力できるカメの心を持ったウサギだ」
本当にそう思います。
それにしても、この記事、結論を書いて終わらせるのではなく、考えさせる面白い記事ですね。
なんでも徹底的に“オープン・ラスト”って言うのが良いですね。
愛する子を持つ親として、スポーツビジネスに従事する人間として、凄い気持ちわかる。父子鷹の今後が楽しみ!
親子かつ師弟。
ビジネス界でも良く御家騒動で揉めている話を聞きますが、何となく親側が価値観を押し付けないケースだと、うまく行っているように思います。
親子であっても、要するにちゃんと向き合うことができるかってことなのかなと思いました。関係性に甘えないというか、しっかり見ているというか。
面白い原稿でした。NPがスポーツジャーナリズムの最先端を行くような気がしてなりません。