新着Pick
116Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
東芝が新社外取締役に企業トップを招いたという記事。日本の経済界は社外取締役についてなんにも判っていないのかもしれない。意図的・秘密裏に行われた巨大企業での会計操作など、監査法人ですら誤魔化されているのに、帳簿のチェックなどしない・できない社外取締役が見つける方法などない。
社外取締役の役割はその会社が長期的に正しい戦略をもち、それに基づき過不足ない投資を行っているか、外部環境の変化を監視して対応できているか、コンプライアンスと内部統制に独立的な組織をもち機能しているか、などなどだ。会計検査は無理なのだ。
それでも本来の仕事をするためには、会社の業務内容にかなり精通している必要があって、ホンモノの第三者ではまずいのだ。かなり必死に業界と「自社」の勉強しないと無理だ。銀行会計を勉強するために何冊もの本を読んだほどだ。
スルガ銀行の社外取締役を仰せつかっているのだが、取締役会に出席するだけでなく、IT部門を中心に支店長などの現場の責任者から抜き打ち的にヒアリングを行っている。彼らの顔色を見ているだけでいろいろ判るものだ。それゆえに社外取締役はスルガ銀行以外すべて断っている。ボクには複数の会社は無理。そもそも負荷と責任が報酬に見合わないんですよ。
アサヒ、三菱ケミ、資生堂で過去に「不適切会計」がないことを確認する必要がある。今回の「不適切会計」には、それだけ普遍的な性質のものがある。全般的な監視・監督が任務の社外取締役を強化しても、「不適切会計」の撲滅には限界がある。
経団連の中でも重要な役割を果たしてきただけあって、これだけの状況の中、社外取締役に大企業の会長・相談役クラスの重鎮が揃う。会長・相談役というのが、名前だけ感がすごく強い。名前のある人だけ揃えたという印象は強く、改革ができるとは到底思えない。
実務経験者ではあるが、経団連・経済同友会などを揃えた。個人的には三菱ケミカル・小林氏は三菱ケミカルで石化の集約含めた難しい決定したりしているし期待。
他の方が書かれているような懸念がないわけではない。ただ、これだけ厳しいときに火中の栗を掴んだのも事実。成否は歴史が判断すればよく、JAL・稲盛氏と同じように、成果につながるケースとなってほしい。
私は少なくともトップとして経営経験の人を連れてきたのはいいと思う。弁護士と会計士はどうかなと思うけど。ここで大学教授やコンサルタントとか連れてきたら幻滅だけど。小林さんや前田さんは言われたら、はいそうですかって引き下がるような人達じゃない。内輪に対してダメなもんはダメだと言う力はあるだろう。池田さんは経営の現場を離れて時間が経っているのがちょっと気になるが
東芝は変わらないという分かりやすいメッセージ。
会社更生法がちらつかないと大企業は変わらないですね。
これはひどい人選だなあ
他業種のトップ経験者を社外役員に置くのは、いいことだと思う。組織や戦略を俯瞰して意思決定できるだろうから、ミクロな事象に惑わされることがない。
でも、そういう人は何人もいらない。役割分担や構成バランスを考えないと船は山に登る。今東芝に必要なのは会計処理の隅から隅まで監査ができる会計のプロだし、コンプライアンス厳守の意識を組織に植えつけることのできる内部からも信頼のあるリーダーだし、意思決定を着実に実行しフォローできる現場を理解できる技術・運営のプロだし。

まだまだ東芝の迷走は続くだろうなぁ、これでは。
《マネジメント》個人的には、このキャリアの長さから来る年の功に期待したい。社外取締役には時間が無いが、経験で以て、効率的に問題点を見抜くことを期待します。それでも不正は隠そうと思えば、隠せるので社外取締役はガバナンス構築における一番の良薬ではない。
重要なのは、東芝本体が変わること。社外取締役が改革の中心を担うのはおかしいし、そんなことは東芝の社員も自覚していると思う。
また一時的に業績は落ちるだろうが、戦略的には今こそM&Aなどの投資を行い、将来的に不正に頼る必要のないビジネスポートフォリオを築き上げたい。或いはしばらくシュリンクモードなのか、この辺りの手綱捌きには注目したい。
大役を引き受けられる方々は、気概もあり素晴らしいと思います。こうした方々が、本来は、社長として改革の陣頭指揮をとられたらなーと思う。
株式会社三菱ケミカルホールディングス(みつびしケミカルホールディングス、Mitsubishi Chemical Holdings Corporation)は、東京都千代田区丸の内一丁目1番1号に本社を置く日本の共同持株会社で、日本最大の化学会社企業。東証一部上場。 ウィキペディア
時価総額
9,920 億円

業績

株式会社資生堂(しせいどう、英語:Shiseido Company, Limited)は、化粧品の製造・販売を主な事業とする日本の企業である。化粧品の国内シェア第1位であり、世界シェアでは第5位となっている。 ウィキペディア
時価総額
2.52 兆円

業績

株式会社東芝(とうしば、英語: TOSHIBA CORPORATION)は、日本の大手電機メーカーであり、東芝グループの中核企業である。 ウィキペディア
時価総額
1.35 兆円

業績