新着Pick
252Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
グローバルのアクセンチュアにとって、日本市場は「グロースマーケット」で、日本オフィスには予算も裁量権も十分に与えられているとのこと。経済成長はさほど期待できなくても、日本企業のポテンシャルはまだまだあると判断されているようです。日本市場の捉え方も、各ファームで差が出るところですね。
他社さんのことになると当然詳細を把握しているわけではないので、個人的な印象と断片的な情報からの推測を含むことを前置きしたうえで、アクセンチュアさんはITやさんから、アウトソーシングやさんになってきた、というのが基本的な理解です。もともとは人を多く貼り付けられ、予算規模も大きなシステム案件を取ることが本業で、戦略部門はそのための上流部門という位置づけで、全社にとっての利益インパクトから考えれば当たり前ですが、システムに資する案件をやると評価されるのが基本ですし、そもそも歴史的にも戦略部門自体も他部門に吸収されたり、独立したりを繰り返してきています。もちろん戦略部門が独立性を強めて、システム案件以外に力を入れていたこともありますし、あれだけ規模があるので今でもそういう案件をやっている人もいるでしょうが会社としてはメインビジネスではない。
近年では、記事でもあるようにシステムから「アウトソーシング」に大きく舵を切っているという認識で、例えば支店に分散した単純業務を標準化して集約し、それをインドに投げることで定常的な利益を得る、というモデルに転換してきており世界でも3指のBPO会社になってきているという状況
なので、中途面接で受けにくる人が、昔は「なんでもかんでもシステムに持っていくのが疑問」だったのが、最近は「何でもかんでもアウトソーシングに持っていくのが疑問」というように変わってきたというのが肌感覚です
ビジネスモデルとしては非常にうまくいっていて、成長をしているのでしょうが、今一つ同じ業界にいる感覚もないというのが正直なところでしょか。
ただ、最近のFRさんとの取り組みとか、実業リスクをとっていく動きも見られるのでそこは注目しています。前にコメントしましたが、そこも専門人材BPO
という位置づけで、BPOメニューを拡充している、という捉え方なのかもしれない、とは思いますが。
神山さんのコメントが、自分自身はコンサルで働いたことはあるものの、納得感がある。労働集約型を人への依存度が高いということであれば、コンサルもアナリストも、労働集約型産業だと思う。どちらも、人が口・耳(コミュニケーション)、頭、手(Excelやパワポ)を動かさないと始まらないし、また一定のフレームワークはあっても、人によって答えが違うから、一定代替可能でも、個人への依存度は高い。
逆に、こういった「汗をかく部分」を軽視すると、アウトプットもスキルも劣化しかしないと思う。効率的に働くことは重要ではあるが、自分は労働集約型であることは、悪い意味でもなく、またこれらの事業の本質を表していると思う。机だけでやってそうな「知的集約型」よりは、「労働集約型」という言葉の方が好きだ。
ASEANマーケットに注目しているのか。そして、日本企業はASEANを十分に取り込み切れてないとの印象をもっているとのこと。ASEANは合計6億人マーケット。日本と中国との産業リンケージも密接。最近はインドとの関係も色々と深まってきた。そのハブになり、ASEAN各国の多様性を使い分けることは、日本企業の成長にもプラスだろう。

そう言えば、フィリピンのグローバルシティにも、アクセンチュアのコールセンターが入ってなぁ。大きなビルで丸ごとか数フロアか使ってるとのこと。インドに1/3の社員がいるということは、BPOで急成長中のフィリピンも更に展開するかもしれませんね。

アクセンチュアのASEAN展開には注目していきたい。
コンサルファームは、専門性で複数使いわける形になっていないのか!ローファームマーケットでは当然の大前提なんで、その認識に驚いた。
「すでにローファーム(法律事務所)では起きていることですが、法律の分野では、クライアントがひとつのファームに案件をすべて依頼することは少なく、問題ごとに得意なファームに依頼するようになっています。」
前任社長の程さんなんかは「アウトソーシングで生きていく」みたいなことを言って社内に激震が走ってた。アウトソーシングは毎月チャリンチャリン収益が上がるストックビジネスなので、事業としては確かに安定感が増す。他のコンサルティング部門も、いかにITのインプリ〜アウトソーシングに繋げるか、という提案をして、ビジネスボリュームの確保を狙っていた。
今後のストラテジーはビジネスのスケールではなく「インパクト」を求める、と。でもこれってBCGをはじめとする戦略ファームは前々からこだわってたところで、どう差別化をしていくのか、見物でもある。インパクト勝負でいくには図体が大きくなりすぎちゃってるよね。ストラテジーだけ他の部門とは異なるフィロソフィーで勝負していくのかな?
学生企業家からコンサルタントに。異色の経歴を持つ清水さんはアクセンチュアで最年少パートナーになった一人。清水さんが戦略部門の責任者になりどのような方向性に舵を切っていくのかとても興味があります。「われわれはビジネスとテクノロジーにフォーカスして少人数で最大のインパクトを出すコンサルティングビジネスへと転換すると同時に、21世紀型の優秀な人材を育てることが使命」
《ビジネス》アクセンチュアは戦略部門を再編したというわけか。IT改革や会計制度系以外でフィーが取れるのは大戦略系。ミドルのお手伝いではなく、事業部門のヘッド格以上をターゲットに高いフィーを取っていくという指向性を強めていると感じました。
そもそもCXOと深い信頼関係を築き、安定的にフィーを取っていくのは、大手ファームの優先事項のはずなので不思議は無いが、記事は自社本位の話が中心で、顧客がアクセンチュアに発注する必然性が分からなかった。そこは、SMACSなどコンセプトワークで勝負するということか? バズワード満載の提案書を買わないように注意が必要。
「デジタル」の動きが気になる。ファーストリテイリングとのJVも含めて。どんな事業、サービスが生み出されるのか、注目したい。
センサーって何だろう?と思ったらIoTやウェアラブル端末に近い意味だった。
センサー領域をビジネスモデルに組み込むところまでデザインできるコンサル会社は魅力的だな。

>「SMACS(スマックス)」と言いますが、ソーシャル、モバイル、アナリティクス(統計)、クラウド、そしてセンサーです。このSMACSが今日のすべてのビジネスを変えようとしています。
この連載について
企業の経営活動を陰で支えるコンサルティングファームが今、岐路に立たされている。クライアントのニーズが多様化し、ビジネスモデルそのものが変質しているのだ。本特集では、「クリエイティブ路線へのシフト」「高級派遣業化」「投資ファンド化」という3つの新潮流に着目。現役・OBコンサルタントへのインタビューから、業界の「今」を浮き彫りにしていく。さらに、各ファームのトップが登場し、「戦略コンサルティングファームの戦略」を披露する。
アクセンチュア(Accenture PLC)は、アイルランドに登記上の本拠を置く総合コンサルティング会社。2003年、再保険を営むエクソール完全子会社(PartnerRe)および2年後にBAEシステムズに買収されるソフトウェア会社(Plumtree Software)と提携、三社でいつでもどこでも情報を共有できるようなシステムを共同開発することになった。 ウィキペディア
時価総額
12.7 兆円

業績