新着Pick

EMS世界最大手フォックスコン:中国撤退加速、製造拠点をインドに

財経新聞
電機機器の生産を請け負う電子機器受託生産(EMS)世界最大手フォックスコン・テクノロジー・グループ(鴻海科技集団)は8日、インド西部に位置するマハーラーシュトラ州政府と投資計画に関する覚書を締結した。
95Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
インドで向こう3年50億US$かけて製造拠点を整備する為、マハーラーシュトラ州政府と投資計画に関する覚書を締結と。

既報①に2020年迄に200億US$かけて製造拠点とデータセンターの施設を建設とあったが、この報道だと研究センターも整備するようなので、工場としてだけではなくR&D拠点としての意味もあるよう。

雇用者数は5万人規模とあるが、Apple関係だとiPhone6の製造で10万人を雇用②し、AppleWatch製造の為広達電脳は4万人の労働者を手配した③ようなので、インドは賃金が安いと言ってもかなり労働者数は控えめ。工場は自動化を進め、その技術開発の為にもR&D拠点を併設する方向?

https://newspicks.com/news/1059628
http://gigazine.net/news/20140624-foxconn-hire-100000-workers-iphone-6/
https://newspicks.com/news/892916
Hon Haiのインド進出に関しては、下記記事も参照。地元市場は大きく、AppleやXiaomiがそこで生産したがっている。Xiaomiに関しては、同じようなポジションを他の中国系や地場メーカーが取った場合は、その企業がそこで生産してほしいと依頼するだろう。
インドで約5万人の雇用を創出するとのこと。ただ中国の一つの向上で10万人とか超えているところもあったはずで、連結では100万人超えていたと思う。つまり、部分的な移管でしかなく「中国撤退加速」という見出しは誤っているだろう。
https://newspicks.com/news/1025945
タイミング的には先行者の開拓が一巡した時期で、悪くは無い印象。
 フォックスコンは世界中で買収を含む製造拠点の展開を続けているが、その大枠の中での、中国現状維持プラスアルファでの拡大部分の世界分散投資なのではないかとも思います。撤退加速は言い過ぎかな。
 控えめな雇用者の数字はやはりライン自動化を目論んだ計画であることを匂わせます。すでに製造機械がスマホ的な機械の組み立てにも使えるぐらいの精度と価格帯を実現しつつある中、フォックスコンが既報どおり数十万台以上の規模で機械導入をするなら、充分低コスト生産国の労務費と対抗できるのでしょう。
 R&Dセンターはどれだけ実があるかは不明ですが、少なくとも現地政府に対するジェスチャーは必要なはずであり、また自動化をすすめるのであればその分トップダウンでの生産性改善の能力形成をすすめる必要があるため、そこらへんが少なくとも当面のミッションなのかなと想像します。
 中の人、降臨しないかなぁ。。。
インドネシアの話があったけど、こっちはまだうまくいってないのか。投資計画段階では10億ドルをインドネシアに投資という話だった。今年5月時点のニュースでは、下記の情報(フォックスコンとサムスンの比較という視点で書かれていることも要注目)。インドもまだ計画段階。この投資がうまくいくかどうか、注目していきたいところ。

http://www.bloombergview.com/articles/2015-05-20/samsung-s-future-runs-through-indonesia

"Foxconn has not managed to branch out to Indonesia. The company has entered negotiations to get a foothold in the country, but the Indonesian government claims Foxconn is demanding too many concessions, including free or discounted land, and import protections from the types of low-end phones it would like to sell in Indonesia (at least initially). And it is true that the Indonesian government hasn't made it easy for foreign manufacturers; it has generally seemed more interested in protecting its own manufacturers than coddling foreign newcomers. In 2013 it imposed a 20 percent tax on imported phones, and this year it started requiring manufacturers of 4G handsets to source 40 percent of their components from local suppliers. That’s especially difficult for a big multinational."
中国の人件費がどんどん上がるからインドやその先に進む鴻海、全然値段が下がらないiPhone。利益率2%で踏ん張る鴻海、空前の利益率を叩き出すアップル。
インド進出はアップル側の要請も強いのではないかなあ。今後2年を見据えると確実にインドが生産地として盛り上がってくるだろうし。
どんどん増えるインド系アップル社員は大活躍だろうな。
いいスピード感
フォックスコンが中国からの撤退を加速することは、中国の世界の工場としての地位を揺るがしかねない事態だと思う。工場からつぎのステージに中国の経済が発展できるか注目したい。
インドはこういう流れをきっかけにインフラ整備が進むかもしれません。人口ボーナスの旬ですから、労賃は暫く安いでしょう。
グローバル化してるんだー
意思決定が早い。これはさすがです。

業績