新着Pick
206Picks
シェアする
pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
【追記】
今回の原稿に過去の大会で問題となった選手の怪我にまつわる事件について書きましたが、あれらは氷山の一角です。大会に来たから、明るみになっただけで、地方大会での敗退、あるいは、下級生で投手を断念したケースなどかなり多くあります。取材をしていると「今年、ええ一年生の投手が入った」と毎年言っている指導者がたくさんいます。イイから使いまくって潰れる。翌年またいい1年生が入ったと使いまくる。日程がそうさせているもの、勝利を追いかけるあまり誤った指導をしているもの、かなり多くあります。
【追記終】

【下記、コメントを編集しています】
たくさんのコメントをありがとうございます。
第97回全国高校野球選手権大会の取材に入っておりまして、投稿が遅くなりました。
今回は、この企画に関わらせていただき、ありがとうございました。
本当に楽しかったです。書く快感を深く味わうことができました。

このような企画を発信しようとするのは容易ではないと思います。及び腰になると言うんでしょうか。実際、以前に、これと同じ企画ではないのですが、野球界が抱える問題点について(高校野球を中心に)書いていると、同業の仕事関係の方から「過去に、氏原さんの先輩方が立ち向かおうとしたけど、壁は高く、断念しています」と釘を刺されましました。正直なところ、発信するという意味においては難しさを感じていました。

 そんな中、中島さんから声をおかけいただきました。
本当に感謝の一言です。

 また、読者の方々のコメントも多数いただき、大変、参考になりました。
 
 これが終わりではないです。何事も続けていくことが大事だと思っています。高校野球、いや、野球界には様々な問題があります。特に、育成という観点においては課題が多いと感じています。

 何が大事か。なぜ、野球界はこれほどまでサッカー界から遅れを取ってしまったのか。しっかりと勉強して、書き続けていきたいと思います。
 
 今回はありがとうございました。
 
 編集者の皆様、取材に同行くださったフォトグラファーの方々、取材にご協力くださった皆さん、読者のみなさん、コメントをくださった皆さん、SNSで拡散してくださった皆さん、心よりお礼を申し上げます。
今夏限りで現場から退いた慶応高校の上田誠監督が、こんな話をしていました。「僕、『球児』という言葉が一番嫌いなんですよ。児童の児。何で児童なの? もう18歳ですよ。日頃から大人扱いしてやらないと、困ると思うんですよね」

大会前からさまざまな高校生と話をし、上田監督の言葉を痛感しました。いまの高校生は、大人です。彼ら自身に考えさせることが重要だと思います。

ここまで特集を読んでくださり、本当にありがとうございました。NewsPicksでは今後も、高校野球、プロ野球をいろいろな角度から取り上げていきます。日本球界は本当に問題山積なので、少しでもより良くするために、一緒に考えていければと思います。
今回のNPの特集は様々な角度から甲子園について考えるキッカケを作ったと思う。ただ、残念ながら、多分、大人の事情で現役選手やこれから甲子園を目指す、おそらく来年の夏前には話題になってくるような、中学生のインタビューはなかった。
大人がどの様に導いていくかと言うことは大切なことだが、実際に甲子園を目指している子供たちの気持ちも含めた改革が行われて欲しい。
氏原さん、中島さん、菅原さん連載お疲れさまでした。とても考えさせれましたし、勉強になりました。ありがとうございました。

これまで連投で身体を壊してしまった高校生を列挙頂くと、改めてその損失が如何に大きいか気づかされます。その中の何人かは甲子園で力尽きなければ、その後の日本野球界を背負うほどの選手になったかも知れません。いや、なったと思います。

「 勝つために──、甲子園に行くために──、学校の価値を上げるために──。 」
➡この見えない鎖が指導者を縛り付けているのだと思います。甲子園で勝つことと甲子園で負けることはまさに天と地との差があるのだと思います。それもまたおかしい。その勝利のために自らを省みず一心不乱にやり抜くことこそ美学にはしないでほしい。そもそも野球はチームプレーのスポーツ。一人の名投手により勝ち進むのではなく、これまで一緒に戦ってきたチームの皆が出場し、汗を流し力を合わせてこそのスポーツだと思うのです。

氏原さんの最後の素晴らしい提言について、高野連や朝日新聞、毎日新聞の主催者側だけではなく、高校、指導者、そして高校野球を愛する皆さんが考え直すべきときだと思います。
「高校野球こそ全て。そこで全て終わっても良い。」と考える人が権力を持っている現状が変わらない限りずっとこのままだね。
朝日新聞よりもでかい金を高野連に突っ込み続けられる企業が現れたら別かもしれんが。
ここまで大きなイベントになってしまうと、甲子園をなくせ、みたいな話は現実的ではないので、日程や試合数など仕組みで解決するしかない。
あとは、辻内さんのような記事↓で現実をみんなが知るってことも重要かと。
https://newspicks.com/news/1096060/?dl=false
まず、春のセンバツをやめることから始めれば良いと思う。各都道府県の選抜チームによる違った意味での「選抜」にするとか。ピッチャーも5、6人選んで。大阪選抜強いだろうな(笑)
夏の甲子園は、いろいろ批判もあるだろうが、できるだけ今の形を変えず残してほしいのがファンとして本音。「様式美」「形式美」的にも。
意欲的な連載でした。考える良いきっかけに。同時に思ったのは「勝つために選手を酷使する」のは社会に出てからも同様のことが繰り返されてるな、と。世に言う従業員使い捨てのブラック企業。今はブラック企業には反論も多いけど、高校野球は試合におけるひたむきなプレーばかりが賞賛され、その裏側にはスポットが当てられない。甲子園目指すなら、優勝目指すなら、そのくらいの努力は当たり前、という風潮は根強いです。
ブラック企業も高校野球も根は同じだな、と。むしろ球児のピュアな心につけ込む分タチが悪いのかも知れない。
日本社会の根本悪の縮図がありますね。
高校野球の一番の魅力は選手のひたむきな姿勢。
そうだとすれば、推奨ではなくルール(インフラ)として複数投手制や連投禁止を導入しても高校野球の魅力は毀損しないと思います。
むしろ、選手起用の戦略も見所となるのではないでしょうか。
何を最優先するのか、それが明確なので後は反対意見も多々ありますが、やるかどうか、それだけです。
この連載について
高校野球は今年、100周年を迎える。日本の「夏の風物詩」をさまざまな角度から切り取りながら、その功罪を検証する。