新着Pick
323Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ずいぶん前から「ドライバー不足」は深刻な問題になっていました。
ただでさえ少子化であるのに加え、働く意欲のない人の存在もクローズアップされています。
ロボットで代替できる仕事は限られています。
人材不足倒産を防ぐためには、今のうちにアウトソーシング網を構築しておくことも重要かと。
在宅個人であっても、きちんとできる仕事がたくさんあります。
いわゆる「水平方向のネットワーク」を構築する必要性が、ますます高まるのではないでしょうか?
生産者人口が減るなかで、人手不足が最も深刻化するのはローカルのサービス業
社会的にみれば貴重な資源である人材を有効活用するには労働生産性の低い企業には退出してもらい、労働生産性の高い企業(ITやロボット活用も含む)に人材が移動してもらうというのが基本的な方向で、そのためには人材についての規制を強化し、同時に地銀の格付けを厳しくすることで退出を迫るのが有効という、冨山さんのL経済への処方箋は全くその通りと思います
とにかく自動化、ロボット化だよね。進めるべきは
これはあり得るお話だと思います。倒産までいかなくても本来なら採りたい仕事の受注をセーブしているところは沢山あると思います。

飲食業は目でみても人手不足がわかるときがあります。明らかに人手が足りずに料理が出てくるのがとても遅かったりすることありますよね。

ロボットが本当に3人分働いてくれれば夢のようなお話ですが、現時点はまだ夢だと思います。ロボットにお願いできる仕事はまだ限られていると思うからです。

働いていない若者や、時間的に制約のあるママさん、時間の余っているリタイア層などをうまく引っ張ってこれるような柔軟な働き方ができるところは人が集まりそうですね。しかし、IT系など人手不足だけれど技術のいる仕事は人材確保がとても難しいとも感じます。
人材不足倒産となれば労働者はますます売り手市場に。ブラック企業でなんか働く必要ないから、ホントはブラックから消えていくハズ。日本人はなぜか律儀にしがみつくからそうならないかもしれんが、いずれにしろ人材不足倒産が起きるのは労働者にとっちゃいいことよ。労働集約的なビジネスに胡座をかいてきた経営者は痛い目に遭うでしょうが、それは自業自得
外食もそうです。人がいない→突然の団体客対応ができない→売上がはねない→利益率が低くなる→採用困難→繰り返し。機械化&仕組み化せざるを得ません。
よく見る案件ですね。
最終的には経営者自ら長時間労働に身をやつすことになるのでしょう。

経営者が追うリスクも承知しますが、労働にかかる単位時間は経営者でも雇用者でもほぼ等しいですから。そこのところを数字のマジックで勘違いしてしまうと企業経営は辞めた方がいいってことになっちゃいますね。
これは実際あるだろうな
いや、このケースなら派遣を使うのが妥当かと。