新着Pick
63Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
この巨額借金返済のためという議論のあたりに日本の経済メディアの限界を感じますね。有利子負債1.8兆円ありますが、年間のEBITDAも前期で2600億円あるので、大した問題じゃありません。次のM&AのためのDebt Capacity確保と言うのならともかく、借金多いから上場して返済なんてあり得ない。相続の問題の方が切実でしょうけど、支配権という意味では種類株を出せばいいだけなのでは。GoogleとかFacebookは良くてサントリーはダメという道理はないでしょう。ただその場合は議決権に変わるだけの成長を見せんといかんけどな。

しかし、この所有形態を複雑とか言ってたらサムスン財閥の所有形態見たら卒倒するぞ。親会社が上場していない会社なんてアジアに一杯ありますから。日本の小売のワークマンも親会社は非公開のベイシアグループです。
経営の自由度と相続のバランスを考えると、種類株とかで上場するのだろうか?この規模でそれをやるといろいろ議論を呼びそう。おまけにサントリー食品がすでに上場しているので、そこの親子上場の是非も含めて気になる案件。
親会社が上場してない状況は不自然すぎる
サントリーの規模の会社が9割創業者の会社株主って、冷静に考えてすごいよな。上場したら、ミリオネアどこじゃないな。
サントリー (Suntory) は、大阪市北区に本社を置く、日本の洋酒、ビール、清涼飲料水の製造・販売等を行う企業グループの総称およびブランド。事業の主要な部分はアルコール飲料だが、1980年代以降清涼飲料においても一定の地位を築いた。 ウィキペディア