偏差値75の渋谷幕張が体現する、「文武両道」の本当の意味

2015/7/30
野球漬けの高校に阪神・マートンが提言  
2014年、朝日新聞に掲載されたマット・マートン選手(阪神)のインタビュー記事が興味深かった。その記事には、マートン選手が学生時代のことに触れ、文武両道の大切さを訴えていた。
「ひとつのことに没頭する日本人は、野球の練習を8時間することもある。半面、人生において大切な教育がおろそかになってしまいませんか。スポーツだけを続け20代後半から30代でやめたら、どうやって生きていくのでしょうか。僕も野球を終えたあとの人生でやりたいことがたくさんある。少し残っている単位を取るためにまた大学に戻って勉強をしたい。残りの人生を豊かにしたいのです」
勉強とクラブ活動の両立。学生の本分が勉強であると鑑みれば、このようなことが取りざたされること自体、異常なのだが、日夜、野球ばかりしている学校がたくさんあるというのが高校野球における現状である。
東大に30人輩出し、野球で千葉ベスト16進出
その中で今回、焦点を当てたいのが千葉県にある渋谷教育学園幕張(渋幕)である。
毎年、東大合格者30人ほどを輩出している超進学校の渋幕は、2014年夏、激戦区の千葉県大会でベスト16に入り、今年春の大会でも2試合に勝ち、県大会に進出した。2015年の夏の大会は1回戦を突破したあと、2回戦でシード校の東京学館船橋に敗れたが、勉強とクラブ活動の両立を高い水準で実践しようとしている学校なのである。
まず、そんな渋幕の練習時間から見てほしい。 
 ※1週間の練習スケジュール
月曜 17:10~18:10 個人練習、18:10~19:20 全体練習
火曜 17:10~18:10 個人練習、18:10~19:20 全体練習
水曜 16:10~17:10 全体練習
木曜 休日
金曜 16:10~17:10 個人練習、17:10~19:10 全体練習
土曜 休日
日曜 1日練習 or 練習試合
日曜日こそ、学校から離れたところにある野球専用グラウンドを使用できるが、平日は他クラブと併用の学内にある全面人工芝グラウンドで活動している。学内での練習時間は2時間強。割り当ての制限があり、全面を使えるのはたったの1時間。20時には完全下校という学校のルールがある。テスト1週間前は、当然、練習禁止だ。
これだけの限られた時間・環境で、甲子園未出場とはいえ結果を出しているのだから、驚くほかない。
ちなみに、渋幕には強豪私学がうらやむような「逸材」が入部してくることはない。彼らに特筆したものがあるとすれば、進学校という勉強のハードルが高い中、それでも高校野球で甲子園を目指そうという志の持ち主である、ということくらいだろうか。
丹念にウォーミングアップを行う渋谷教育学園幕張高校野球部の選手たち。
「野球に飢えた状態で取り組むと力になる」
このチームをどのようなスタンスで指導しているのか。指導歴30年を超える沼誠司監督に尋ねた。