新着Pick
245Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
大事なのはハートの強さ。これは響きました。
スマホが来る、は分かっていながらも、既存のガラケーやPCの投資をストップしてでも事業のリソースをスマホに割く。短期的には売り上げがダウンするリスクが出てくる。なかなか決断出来ることではないですよね。

2年前にヤフーさんもスマホファーストではなくスマホオンリーというメッセージを掲げてスマホに投資をシフトしましたが、リーダーがどれだけ長期的な目線を持って、リスクを持ちながらもリソースの舵を切れるか、本当に大事だと思いますし、藤田さんみたいな若手の優秀な経営者ならではだと感じました。

スマホ時代の、というか現代のデザインのあり方だけは私は少し違う見方をしています。エンジニアのスキルとデザインスキル双方を持ち合わせた人材確保が急務。
例えばAndroidアプリのMaterialDesignにしても、ライブラリありきなので、ライブラリの理解が必要。だから、一部でいいですから、社内にテクノロジーベースでのデザインのあり方を理解している人材が必要で、そして私はその人材を育成することも勝者の条件の一つと考えています。

意外と業界を眺めていると「次はこれが来る」は分かるもので、潮目をずっと見ること、そして決断出来ること、が勝者の条件なのかもしれませんね。
藤田さんのまとめはやはり読み応えがありますし、すごく尊敬できる経営者です。
だからサイバーエージェントは魅力的な会社なのだとも、常々感じています。
先日掲載いただいた私のインタビューで問題意識として語っていた部分と似ていて共感しました。
https://newspicks.com/news/1074648

私の話の場合は、日本の大学の研究にはデザイナー族がいなくて、エンジニア族はそこが不得手で難しい。いくつかの新しい大学院はそこの融合を図ろうと動き出している。というもの。多分、そういうところを修了した人は、どちらかの根っこの専門性を持ちながら、相手側のことも理解できるので、今後より必要となってくる人材の一つになるのかと思います。
以前カーネギーメロン大の方に聞いた話では、CMUでのUI研究は、エンジニア、デザイナー、心理学者が連携して行うとのこと。(最後の心理学者は、大学の研究では使い勝手を定量的に評価する必要があるからです) 基本的な問題意識はやはり同じですよね。
スマホ時代のデザインの重要性はその通りと思う。あまり単純化するのも良くないが、ビジネス系人材とエンジニアは云わば左脳系人材。ガラケー時代は左脳のコントロールができれば勝てたところから、右脳系のコントロールが重要になったということ
モノ作りにおける右脳はデザイナーだし、企画における右脳はプロデューサーだと思う
結果論で言えばここがうまくいってる会社が伸びていて、転換がうまかいってない会社が苦労してるように見えます
CAは子会社作って新規事業を大量にやっているが、この記事を読んで、「損切」含めた判断を徹底的に藤田さん中心にできるからだと思った。損切できない投資は、損失とモチベーションの垂れ流しになるだけ。
クリエイティブ・デザインに関しては、「小さくなったから重要になった」と思っている。電子機器の設計もそうだが、大きいほど自由度が大きい。小さいと、その中に重要なものをどう詰めていくか、よりデザインが問われる。
一方で、「専門家にとって良いデザイン」と「万人にとって良いデザイン」は違うと思う。「違う民族」という言葉が出ているが、全員ができなくても、「両方ともできる民族」というのが絶対的に重要だと思う。
サイバーエージェントは自社で社内事業を作ってるイメージが強いような気もしますが、協業のアプローチも実績がたくさんある。DeNAもかも。インタネット企業が大手企業をレバレッジかけて成功しているパターンをもっと分析しなければ。そしてそのときのフックはインターネット企業はサービス企画・開発が出来て、エンジニア・デザイナーが採用出来ることにあるのかなと。

>ネットに進出する大企業の人と話をすると、ほとんど全員同じことを言います。「エンジニアが採れないんだよ」「デザイナーが採用できないんだ」と。でも、それは当たり前で、採れるわけがないんですよ。会社側にそれだけの強い気持ちがないから。もし採用できてもうまくマネージする力がない。

会社としての強みにしようと思うと、それをやり切るだけの覚悟がないといけない。逆に、それをやり切れたら、それなりの価値を生み出すことができると思います。だから、われわれがエイベックスやテレビ朝日と組んでいるのは、必然的なことです。

——エイベックスはコンテンツ企業の中では、ネットとの融合がうまい印象があります。

エイベックスには技術者もデザイナーもいないので、マネージするノウハウは乏しい。それはテレビ局も一緒です。
堅いよね。彼は
今後よりクリエイティブが差別化につながる。これはエンジニアリング系の会社にとって(うちも含めて)チャレンジですね。

>今は、会社には「3つの民族が混在する」感覚で会社をマネージしています。デザイナーとエンジニアは全然違う民族なので、「同じものづくり」だと一緒にしていたらまったくマネージできなくなります。
示唆に富むインタビュー。藤田さんほどプロダクト作りに真摯に向き合っている経営者はいない気がします。参考になりました。
90年代後半に生まれた数多くの国内のネットサービス企業のなかで、2015年のいまも生き残り、なおかつ数千万人規模のユーザーベースを保有するサービスを作り上げられたのは、ヤフーと楽天、そしてこの藤田氏のサイバーエージェントぐらい。ネット専業の広告代理店から出発したが、その後自社メディアビジネスを拡大し、投資事業などにも手を広げながら、何度かの危機も乗り越え、続々と話題を作り出してきている藤田氏の経営手腕は、好き嫌いを超えて賞賛するほかない。さらに、若手や女性社員の採用・登用・育成においても、まさにイノベーティブな取り組みを数多く実施し、参考になることは山ほどある。

藤田氏の「誰がどう見てもスマホにシフトすることは明確だった」という発言のくだりは、本当にそう。日本は3年前ですら依然としてガラケーのシェアが圧倒的だったが、それでもスマホにオンライン利用の大部分が移行してくるのは明らかだったが、それに対して組織を動かし、事業の方向性の舵を大きく切り、スマホに経営資源を大胆に移す決断をする「胆力」があった経営者は少なかった。特に、ITインフラが整った東京で、しかもスペックの高いPC環境が完備されたネット企業で働きながらサービスを考えていると、知らず知らずのうちに自分の利用形態がいかにPCに囚われているか自覚できなくなってしまう。エンジニアはさらにそうで、ハイスペックサーバーに繋ぎ、大画面ディスプレイでコードを書き続けていると、スマホのUI/UXを肌感覚として理解できなくなってしまう。だからこそ、経営的視点から、トップダウンでスマホにリソースを大胆に移す必要があったわけだが、それを実際にできた企業はほんとに少なかった。

サービス開発における、デザインとクリエイティブの意味について箇所だが、僕も柴山さんや他のピッカーの方と同じく、「デザイン」というのを見た目の美的要素の話に矮小化しているのが気になった。要素技術を組み上げ、それをどのようなユーザー体験に繋げるか、UIの統一感と共に、全体のサービス設計のなかで、いかにシームレスなシステムを作り上げられるかが非常に重要になっているわけで、美大生を採用して見た目をかっこよくするという話だけに「デザイン」の話を狭めるのは逆に危険。アメリカのトップVCの一角であるKPCBが、Rhode Island School of Designの学長をやっていた著名デザイナーのジョン前田を引き抜いて、彼にデザイン視点からのサービス評価や投資判断の重要な役割を担わせていることの意味合いを考えると、デザインと技術の接点がいまどれほど重要になっているかということの一端がわかる。もちろん、藤田氏はこのインタビューでは語らなかっただけど、その辺りも重々理解している方だと思うが。
ネットのため、モバイルのためのコンテンツは見せ方がまるで違うと思う。それはビジュアルだけではなく、文章においても。クリエイティヴはすべてに関係する。ハートを鍛えよう。
Netflix(ネットフリックス、ナスダック: NFLX)は、アメリカ合衆国のオンラインDVDレンタル及び映像ストリーミング配信事業会社。アメリカ合衆国の主要なIT企業で、FAANGの一つである。2017年12月の時点で190ヵ国以上で配信事業を展開し、2018年の売上は157億ドル(1.57兆円)、契約者数は世界で1億2500万人。 ウィキペディア
時価総額
23.9 兆円

業績