wbriefing_bnr_150723

女性賃金押し上げに取り組むイギリス政府

男女賃金格差を撲滅せよ。「年収いくら?」大調査に乗り出す英政府

2015/7/24

世界中で低い女性の賃金

イギリスでは、「年収はいくら?」という質問は、非礼だと思われる。しかし、イギリスの政府は、このたび、国民にこの質問をわざと聞くつもりだ。

7月14日、性別による賃金格差問題に直面するイギリス政府は、社員250人以上の企業に対し、男性と女性のそれぞれの平均年収を公表することを義務付ける政策を打ち出した。英キャメロン首相は、この政策について大手メディア『The Times』にこう語った

「この政策は、男女の待遇差問題に新たな光を投げかける。その光は、賃金格差への改善を起こすプレッシャーを発生し、結果、女性の賃金を押し上げるだろう」

一方、The Fawcett Societyなどの男女不平などに反対運動を行っている団体は、キャメロン政権はその“光”の“明るさ”を過信し、男女賃金格差の背景にある構造的問題を甘く見ていると批判している

当初、キャメロン首相率いる保守統一党は、本政策に反対した。だが、今年3月に国会で本法案は通過し、9月までに公の協議のプロセスを行う。その公の協議は「具体的に、何を、どこで、そして、いつその情報が公表されるすべきか」を決めるためだ。イギリス政府報道官によると、政府が「各ステークホルダーと連携し、規制を適切に施行するため、最も実行可能かつ効率的な方法を探して協力している」。

ちなみに、実際に法律となるのは、早くても、2016年10月と考えられている。

この政策は、国際的に発生している男女賃金格差問題のイギリス式解決手段だ。ところで、男女の賃金格差を計算する際には、さまざまなやり方もある(結果、男女の賃金格差は“神話”だという人もいる)。だが、数多くのソースによると、世界中で女性の賃金は男性よりはるかに低いことは自明の理だ。

パートタイムを含むと男女格差は20%にまで増大

たとえば、アメリカ。2013年の米議会の調査報告書によると、同一資格を持ち同業界で働いた場合、社会人1年目の時点で女性の平均年収は、男性より7600ドルも低い。

こうした賃金格差は女性のキャリアを通して長期的に続く。よって、女性は男性以上に学費ローンの返済と退職後の資産の貯蓄に苦労している(ちなみに、アメリカでは女性は男性より学費ローンを背負っている確率が高い。しかも、その金額は男性よりも高い)。