新着Pick

『「755」 挫折』

サイバーエージェント 研究会
413Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
なんというかnetgeekの飛ばし記事と他人の不幸を喜ぶという人間の特性がマッチしたようですね。ぱるるが辞めたのはユーザのひどい一言に心を痛めたのが原因みたいです。インスタとか全部今の所やめてるみたい。で、755ですがユーザ数が伸び悩んでいるのは事実ですが、頻繁に使っていただいている人の継続率は高いです。爆発的に広まるには矢継ぎ早な改革が必要という事で、社長以下一部を除いて全員サイバーエージェントグループのエース級に交代しました。新社長の宮崎さんはサイバーエージェントの新規事業統括の役員だった方です。つい昨日も彼と決起会をやってきました。キャズム越えまであと2ステップくらいかなあ。頑張ります。
失敗と挫折は違う。成功するために避けて通れないのが「失敗」で、成功するのを諦めたのが「挫折」。記事読む限り、755は挫折じゃなくてまだ失敗。20億円の失敗なんてまだいくらでも取り返せる。
僕ら自身も創業1年目、投資に対して売上伸びなくて赤字20億円出したしね。挫折しそうになったけど、大ピポッドをハイスピードでやって九死に一生を得ました。
堀江さんが長文で降臨されている。すごい。
サービスの成否はクローズになったら語ればよく、人員の入れ替えや、多少のピボットで判断しなくてもよいかと。

私は自身がターゲットユーザーではないので、現状の可否は分かりませんが、マネタイズはSNSの課題だということは今後もテーマではありますよね。
755がうまくいってないとは知らなかった。社長も交代し大きく方針転換する模様。
「堀江貴文とサイバーエージェントがつくった755、20億円の投資が失敗に終わり社長の首が飛んでいた」
http://netgeek.biz/archives/44021
これだけ本気の事業を若手に任せていたこともすごいし、成長させるために体制の組み替えもしっかりやる。個人的にはサイバーの強さがわかる動きだなというようにしか思わない。
宮崎さんはサイバーの取締役で、以前はCAアメリカでシリコンバレーの最前線を見ていた超エース級人材。その人がどう755を変えていくかは期待しかない!
加えて、社長を交代した森君も社外も含めた同世代で最も濃い経験をした人材として、今後サイバーの財産になっていくんだろうな。
めずらしく堀江さんの弁明が長い。そこが一番面白い。サイバーはこれを軽くやっちゃってやめられる風土がある。人はサイバーに集まるのではないかな?でも、いつかは日本発のアジア標準が出て欲しいけど。
挫折と決めるのはまだ早い。YouTubeも元々動画を使った出会い系サイトだったものの、方針転換して今の形になった。今後の飛躍に期待。
ユーザー同士の交流や回遊なら他人に見られたくないのでLINEを使うと思う。むしろ755の利点活かし、有名人や著名人による対談や一人漫才に特化した方がいいと思う。著名人に定期的に対談をお願いし、対談テキストをまとめて記事にするとか。まだまだ発展途中なので今後に期待します。
失敗した根本的要因はなんなんだろう。願わくば収支報告書をみてみたい。
非芸能の一般ユーザーのリーチが難しいんだよなぁ……。お役立ち要素が欲しいよな。
例えば、OB訪問とかやってない職業の人のQ&Aができるとか。そこからインターンとか採用に繋げたり。
若いユーザー多いから、その辺をうまく活かせるといいのにね。