新着Pick
290Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ツイキャス。個人にはあまりミートしていない、ターゲット外のおっさんですがとくにここ、3年あまりでよく広がった。

私なりのツイキャス論としては「スマホファースト」でスマホオンリーの世代に分かりやすかった事、それを貫き通しているのが成功の一因かと。
スマホだけで、放送局にも視聴者にもなれる、これがやはり1番サービス設計でキモだし、5年近く前に、そこにフォーカスして設計できたのは先見の明があったと思います。

それにしてもインタビューの後半は爽快で、私、好きです。
「動画をどう捉えるか、伸びているが」
→ひとつのコンテンツにしか過ぎない。あくまでひとつの形態表現として有利だが、それによるゲームなどとの可処分時間のバッティングもある。
「2020年のモバイルは?」
→さっぱり分からない。

このあたりはすごく、好印象。
よく未来の見通しや、中長期戦略を語りやすくなるが、自然体に今、何が必要で少し先に備えて何をやらなければいけないのか、が考え方がシンプル。

私も同意で、サービス側は2020年を目指して作る時代ではなく「少し先の未来を作る」の連続でここまで来ていると思います。あまり未来に視野を広げすぎても、「今」を見失うのと、5年先なんて絶対に環境が変わっているので、意味がないと感じており、インタビュー後半の爽快さは面白かったです。
赤松氏の話を聞いてると、ツイキャスは「なるべくしてなった」という感じが特に伝わってきました。また、ツイキャスというサービスそのものがコミュニティを前提として作られている。まさに「次世代型」のサービス、コミュニティーのさまざまなヒントがツイキャスにはあると思います。
うーん、新星というより老舗のイメージあるけどなあ。ホリエモンチャネルにもゲスト出演してもらいました
ユーザーに愚直に向き合っているサービスはやはり強いですね。
「ツイキャスが人気を集めた理由は、正直言ってまったくわからない。(中略)大きな仕掛けはやっていなく、ただ淡々と、ユーザーのコミュニティの様子を見ながら、コミュニケーションをシステム化する取り組みをずっと行ってきた。」
「分からない」、「淡々と」、「他のサービスがなかったことがラッキーだった」、「口コミなどで紹介されて使うのでなければ面白くない」。とても自然体で好印象だし、分かること・分からないことや自社・外部要因を冷静に切り分けて対処して運営しているサービス・経営者の方が、しなやかに伸びていくと思う。
柴山さんと同じく、僕も完全にターゲットユーザーの大きく外側にいる人間だが、ツイキャスの普及パターンは、とても興味深く観察してきて、「ウェブサービスの普及促進要素」の仮説を持っていたが、その多くが、この赤松氏のインタビューでかなり確認できた。

若干の例外はありつつも、端的に言えば、ハードウェア系の製品開発で取り入れられるような「複雑」で「精緻」で「初期ローンチ重視」ではなく、ウェブサービスの製品開発は、「シンプル」で「柔軟」で「ローンチ後の手数重視」するアプローチが大切になってくる。ツイキャスの場合も、まさに時間をかけて数え切れないほどのテストとそれを元にしたインプリを繰り返し、ダイナミックなサービス設計と市場投入をしたことでしか、その成功を説明することはできないと思う。

その大前提となるのが、「そもそも市場動向やユーザーニーズなど事前に正確に知ることなんてできない」という市場の不透明性がある。はっきり言って、最初から当たると確信できるようなウェブサービスを開発しローンチするようなことは現実的には不可能である(もちろん開発サイドは、絶対に当ててやると思って開発するわけだが)。事前のマーケット調査で汲み取れるユーザーニーズなども甚だ限界がある(サーベイやインタビューの調査手法の限界)。そうなると、やはり一度ローンチしてユーザーに使ってもらってから、そこから始まるユーザーからのフィードバックや利用動向データや様々なA/Bテストなどで手数を上げて試行錯誤しながら、柔軟にサービス設計を調整したり、抜本的に見直したりすることが求められる。特に、スマホサービスは、必ずしも先行したサービスが市場を独り占めし続けられるとは限らず、後発サービスがあっという間に先行していたガリバーを飲み込んでしまうことも多々ある。

また、赤松氏が的確に指摘しているように、生活者に使われる製品やサービスは、分野やカテゴリーを超えて、結局のところユーザーの「財布」と「可処分時間」の奪い合いになるわけで、自分のサービスが他のどの製品と競合関係にあるのかも、柔軟に見ていかねばならない。

しかしながら、やはり最後のネックになるのが、マネタイズ。手数を上げて、頻繁にサービス設計を見直したりすると、どうしてもマネタイズの軸にも影響を与えてしまうわけで、VCマネーが続いているうちはいいが、いずれにせよイグジット戦略を考えなけけばならない時期は来るわけで、そのタイミングまでに確固たるユーザーベースを構築できるかがカギになる。

とにかく、これだけ多産多死の状況が常態化しているウェブサービスの領域で、動画というレッドオーシャンの領域で、これだけの成功を収めているツイキャスは、賞賛して余りあるサービスだと思う。今後の展開にもとても注目しているので、ぜひ頑張ってもらいたい。
赤松社長の、淡々としながらも、強い意志を感じる姿勢が印象的でした。オフィスの壁には「忍耐」と書いた張り紙も。
ツイキャス以前の生放送サービスと比較すると、ツイキャスの使いやすさがよく分かる。

ニコニコ生放送
×PCとWebカメラが必要。設定も煩わしい。
×配信者も視聴者もニコニコ会員である必要がある
×コメントが匿名→誹謗中傷リスク
×配信有料(月額500円の有料会員登録が必要)

ツイキャス
◯スマホで撮影できる→PCとWebカメラで生放送環境を整える煩わしさを解消
◯Twitterと連携→Twitterの放送リンクからすぐ見れる(口コミ効果)
◯コメントが非匿名(どのアカウントからのコメントか分かる)→友達間で楽しみやすい、誹謗中傷低減
◯配信無料→無料!
朴訥とした,味のあるインタビュー.ガツガツしていない感じが,丁寧なサービス作りをしている感じがして好印象.
「動画は見るのに時間をとられる。人の時間は限られているので、そんなに世の中、面白いコンテンツだらけになると大変だと思う。動画は、スマホならではの隙間時間にできるゲームとの奪い合いになる。」のあたりが,昨日までのテレビの今後についての特集とはまた違った視点で面白い.テレビの特集では,可処分時間ができたらみんな動画を見るという前提で,その時間をどのプラットフォームが奪うかというような話だったが,そもそもそこにきちんと疑問を持っている感じ.
そうですよね.時間が限られているのに,動画ばかり見てられないですよね.と思ってしまった.動画サービスの人なのに笑
若者、特に個人的な感覚だと高校生がやはりメインユースな気がしますが、ディズニーランドの待ち時間とかでも、ツイキャスして暇を潰す。など、ユーザーに委ねる幅が広いことの実態を感じます。