[東京 22日 ロイター] - 日本政府観光局が22日発表した2015年1―6月(上期)の訪日外国人数(推計値)は、前年同期比46%増の914万人だった。過去最多だった14年上期を上回った。

6月の訪日外国人数は、前年同月比51.8%増の160万2000人となった。6月として最高だった昨年を約54万7000人上回った。国別では中国が寄与した。

政府観光局は7月について、外国人2万5千人以上の参加が見込まれるイベントが開催されることなどから「訪日外客数のさらなる増加が期待される」としている。