新着Pick
32Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
最近、中国から撤退する企業が出てきましたね-。
シチズンは大きな損切りをしてまで撤退したそうで、その英断が評価されてもいます。
そんな中でのトヨタの「先送り」は、賢明な判断だと思います。
量産工場を稼働させるまで数年かかる自動車メーカーとしては、今の中国に、それも高級車生産を開始する意思決定はできないでしょうね。

そのコメントとして、下記はGood Excuseというか、実際そうなのか、クレバーな発言ではないでしょうか?

「トヨタは中国にコミットしており、最終的には当地でレクサスの生産を開始する」

「ただ現地生産を開始する前にやるべきことがある」とし、中国で「レクサス」のブランド力を強化することが重要との認識を示した。
こういう事態も考えてレクサスの工場はアジアに近い九州に作ってありますからね。慌てることはないでしょう。
「少なくとも数年間先送り」とは、事実上の白紙撤回のような気がする。
食のお付き合い先でも、色々と撤退の話を聞くようになりました。市場性はわかるんですが、製造だけだと他国のがメリットが大きくて。
足元の株価下落は高級品需要に影響ありそうだから、それも背景か?
レクサスて国内でつくるのがアイデンティティだったと理解してる
トヨタ自動車株式会社(トヨタじどうしゃ、英語: Toyota Motor Corporation)は、日本の大手自動車メーカーである。通称「トヨタ」、英語表記「TOYOTA」、トヨタグループ内では「TMC」と略称される。豊田自動織機を源流とするトヨタグループの中核企業で、ダイハツ工業と日野自動車の親会社、SUBARUの筆頭株主である。TOPIX Core30の構成銘柄の一つ。 ウィキペディア
時価総額
32.5 兆円

業績